LeaLeaトロリーダウンタウンラインの車窓から 

 

 

こんにちは! お越しいただき、ありがとうございます。

2017.6ハワイ26  到着日その24 いきます。

 

LeaLeaトロリーから、チャイナタウン、アロハタワー、ニコスピア、ホノルル港 を見た

 

ハワイ出雲大社の停留所から、再び LeaLeaトロリーダウンタウンラインに乗り込む。

トロリーは、チャイナタウンの中を進んでいく。

 

121チャイナタウンを行く

 

ドライバーとガイドは、なんと午前中にロイヤルハワイアンセンターから乗った時と同じDさんとJさんの名コンビだった。Jさんの白髪交じりの長い髪は 気温が上がってきたためか、一つに束ねられて 赤いハイビスカスの髪飾りが ちょこんとささっていた。

トロリーは、独特の雰囲気の街並みが続くチャイナタウンのヌウアヌ通り沿いでも停車する。(ヌウアヌ通りとサウスベレターニア通りが交差した辺りに停留所あり) いつかは、チャイナタウンを しっかりと探索してみたいな。

 

122チャイナタウン

 

 

突き当りに海が見えた。

「左前方にアロハタワーが見えますが、トロリーは右に曲がりますよ」とJさんのガイド。

ほんとだ。1926年に完成し、かつてはホノルルのランドマーク的存在だったというアロハタワーが 左前方に小さく見えた。その昔、船旅でハワイにやってきた貴婦人は 真っ先にアロハタワーを仰いだと思うんだよね。「ああ、常夏の島、ハワイに着いたんだわ」って。

123アロハタワー

でも、常に旬なものを追い求める観光客の希望にそって?LeaLeaトロリーは容赦なく右に曲がる。ニコスピア38へと向かうのだ。

ちらりとだけ見えたアロハタワーよ、さようなら・・いつかは、展望台に登りに行くからね。

 

 

 

124トロリーからの風景

 

そして、トロリーは美味しいシーフードが食せるニコスピア38 へと ひたすら走るのだ。チャイナタウンから10分くらいはかかる。ニコスピアのために ここまで足を伸ばしてくれるLeaLeaトロリーのポイントはやはり高いと思うな。すぐ前で降ろしてくれるしね。ただ、ロイヤルハワイアンセンターから乗って約1時間かかるんだよね。

ガイドさんの説明を聞いて車窓の景色を楽しみつつ来るならいいね。

 

125トロリーからの景色2

 

 

ニコスピア38 到着。そうそう、ここ、ここ!

山下マヌーさんが本で紹介したころからかな、テレビ番組でもガイド本でもすっかりお馴染みになり、初めて見たのに よく知ってる光景だ。

126ニコスピアまじか

この時、午後2時前だったと思う。でも、まだまだ にぎわっている。私たちは今回は車窓から眺めるだけ。昼食、ここで食べればよかったかなあー? ポケボールとか、ふりかけアヒとか 美味しいんでしょ?

いつかきっと、ここに食べに戻ってくる予感・・・かなり確実

 

 

LeaLeaトロリーは、ニコスピアを少し通り過ぎて Uターン。

129折り返してニコスピア.2jpg

 

 

そして、またニコスピア38の前を通ってもどる。

 

129折り返してニコスピア

 

 

右側には 港が見えた。ホノルル港?

 

131港が見える

 

132ホノルル港

 

LeaLeaトロリーの車窓風景、なかなか魅せてくれる。場合によっては、目的地まで かなり遠回りをすることになるんだけど、トロリーは乗ってるだけでアトラクション気分を楽しめる。窓ガラスのないトロリーの全部 外を向いている座席に座れば、その場所の匂いや音、風や 時によっては振り込んでくる雨(笑)までも 体感できちゃうのだ。

そんなハワイの空気に溶け込めるトロリーが私は大好きだ。まだまだ、魅力的な風景はつづくよ。

 

 

 

2017.6ハワイ27  到着日その25 に続きます。

Mahalo

 


出雲大社トロリー乗り場前にククイカフェあり 

 

 

こんにちは。お越しいただきありがとうございます。

2017.6ハワイ25  到着日その23 です。

 

ククイカフェで  たっぷりドリンク

 

LeaLeaトロリーダウンタウンラインの時間が近づいてきたので、停留所の近くで待つことに。

でも、のどが乾いたなあ・・

 

トロリー乗り場前のククイカフェ

 

と、停留所のすぐ後ろに 飲み物売ってそうなお店があることに気づいた。

 

店の名は、ククイカフェ

店のすぐ横を走るククイ通りから、名を取ったのかな? でも、そそられるハワイアンな名前。

ククイの実ってかわいいんだよ。ハワイらしい絵を付けて、手芸品店で売ってたりするよね。

 

120停留場の前のククイカフェ2

看板からみると、中国系のお店なんだろうな。

 

 

120停留場の前のククイカフェ

あ、でも 入り口に大きく メニューがはってある。

 

持ち出しができそうなカップ入りだ。

トロリー待ちに もってこいのパターンだよねー。

最強のメニュー ククイカフェ

中国語、英語、日本語の表記があって、大きく番号もついている。完璧だ。あ、でも値段は書いてなかったなあ。

 

一応、安心して店内に入ると、

115ククイカフェ ケース

レジ横のケースにも 同じメニューがはってあった。これなら、指差しで注文できちゃうね。

普通に缶入りのコーラやジュースも売ってたんだ。

 

 

116ククイカフェ内部

店内でも いただけるようになってるけど、

トロリーを待ちながら、外の木陰で いただこう。

 

118ククイカフェ

私が頼んだ 2番のゼリー入りミルクティー、大きなカップに こぼれそうなくらい なみなみと注いでくれた。写真は、ちょっと飲んだ後の状態(^▽^) 冷たくて嬉しかったが、けっこうシャブシャブかな。

 

 

アイスミルクティー、ククイカフェ

こちらは、キャシーさんが頼んだ 7番のアイスミルクティー。

 

 

118ククイカフェ

 

ククイ通り沿いのシャワーツリーが、花盛りだ。さわさわと、降り注ぐように風に揺れる。

これは違うけど、時々見かけた ピンクと、黄色と、淡いオレンジの花が混ざる レインボー・シャワーツリーと呼ばれる交配種が、ひときわチャーミングだった。

レインボー・シャワーツリーのことは、LeaLeaトロリーのガイドさんが教えてくれたんだよ。

 

オレンジ色のLeaLeaトロリーダウンタウンラインが、ハワイ出雲大社の向こうからやってきた。

 

 

 

2017.6ハワイ26  到着日その24 に続きます。

Mahalo

 

 


チャイナタウン・カルチュラル・プラザ、ハワイ出雲大社のついでにね 

 

こんにちは! お越しいただき ありがとうございます。

2017.6ハワイ24  到着日その22 いきます。

 

ハワイ出雲大社、白い橋の向こうはチャイナな世界

 

一度来てみたいと思ってたハワイ出雲大社、なかなか興味深い所だったが、参詣&見学は 15分足らずで済んでしまった。なんせ、てくてくと歩かなければならない参道とか存在しなかったからね。(とってもコンパクトだったの)

 

私達が乗ってきたLeaLeaトロリーダウンタウンラインは、時間によって運行間隔が30分の時と45分の時がある。この時は次の便まで45分あいていたので、あと30分も時間がある。

うーーん、どうしようか?

 

109白い橋 

 

前の川?沿いを少し行ったところに、綺麗な白い橋が見える。向こう岸には何か、中華風の建物があるみたい。

そうそう、この辺りはチャイナタウンの北の端っこ なんだ。

なんで、こんなところに ハワイ出雲大社があるのかって? 最初、この辺は日系移民の多い地域だったんだって。でも、だんだん中国系移民が増えていって・・・今ではチャイナタウンか・・・日本人としては複雑な気持ちだな。

 

チャイナタウン・カルチュラル・プラザ.

 

でも、時間もあるし ともかく橋を渡って行ってみるか・・・

 

110チャイナタウン・カルチュラル・プラザ.への橋2

 

橋の向こうは、どんな世界? 一瞬、「千と千尋の神隠し」に出てくる、違う世界をかけ渡してる あの橋 が頭に浮かぶ。

 

110チャイナタウン・カルチュラル・プラザ.への橋 (2)

 

チャイナタウン・カルチュラル・プラザって、書いてある。

 

111チャイナタウン・カルチュラル・プラザ入り口

 

中華風狛犬さん?が守る入り口を 入って行くと、

 

112観音像゚

 

 

112観音像アップ

 

観音様?が、まつられている。

 

 

113チャイナタウン・カルチュラル・プラザの店舗

 

床屋さんや不思議な雑貨屋さん?も・・・ちょっとした食堂もあったな。

 

 

 

114チャイナタウン・カルチュラル・プラザ

 

中華民国?台湾のことだよね?・・・日本は(世界の国の多くも)中華民国を正式な国家と承認してないから、台湾って呼んでるんだよね。なんで承認しないかは、台湾を自国の領地だと主張している中国(中華人民共和国)との関係上、そうなってるらしいよ。

中華民国もまた、中国大陸を自国の領地だと、主張してるんだって。同民族ながら、複雑な関係・・・

 

106という数字は何? たぶん、1912年に中華民国ができてから106年目だと、言ってるんだろうね。

ここは、チャイナタウンの中でも中華民国関連の場所なのかしら???不明

来てみて この場所への謎は益々深まってしまった。

 

114チャイナタウン・カルチュラル・プラザ.中は広々

 

真ん中には、けっこう広々とした空間がとってある。

後で調べたところによると、旧正月(1月の後半) には 獅子舞のような中華風の正月行事が繰り広げられるらしいよ。中国武術や占い なんかもあって面白そうだ。

 

チャイナタウンは これまでザ・バスや観光バスに乗って通ることはあっても、足を踏み入れたことがなかった。でも、今回ほんの少し 垣間見れたかな。

 

ところで、これも帰国後、気づいたんだけど、このチャイナタウン・カルチュラル・プラザの右隣は、あの美味しくて安いとロコにも人気の中華、 レジェンド・シーフード・レストラン だったのだ。こんなところにあったのね。

ここなら、各社トロリーで気軽に来ることができるね。(ザ・バスのバス停もすぐ前)

様々なワゴンが回って来て、好きなのを見て選べる飲茶(ヤムチャ)が食べられるランチ時間(10:30~15:00)に来るのがいいかも。治安の面でもね。

 

 

そろそろ、トロリー乗り場へ戻りまーす。

 

2017.6ハワイ25  到着日その23 に続きます。

Mahalo


ハワイ出雲大社へ LeaLeaトロリーダウンタウンのミニ旅 

 

こんにちは! お越しいただきありがとうございます。

2017.6ハワイ23  到着日その21 いきますね。

 

ハワイ出雲大社に行ってみた!

 

ハワイ州庁舎前から、またLeaLeaトロリーダウンタウンラインに乗った。次の目的地は、モヤモヤさまぁ〜ずで いつも見ているハワイ出雲大社だ。ちょっと楽しみである。

次の停留所 ハワイ出雲大社まで11分ほどで到着するはずだ。(ロイヤルハワイアンセンターから出雲大社までは44分となっている)

 

LeaLeaトロリーダウンタウンライン

 

 

トロリーが止まるのは、ハワイ出雲大社を通り越して すぐの、橋を渡り切った辺りだよ。

 

101出雲大社でトロリーが止まる位置

 

 

こんな表示が立ってた。すっかり有名観光地になってて、今では各社トロリーが止まるのね。

 

120各トロリー停車するぞ

 

 

一緒にトロリーを降りた人たちと、ぞろぞろと橋の上を戻って 出雲大社に向かう。

島根県の出雲大社にも行ったことないのにハワイ出雲大社に来ちゃったんだな、私。

 

102ハワイ出雲大社に到着

 

1906年に 日本からの移民によってつくられた出雲大社の分院だそうな。

けっこう、こじんまりしてるのね。この一角だけ、日本の風景だなー。きっと、遠く離れた日本から来た移民の人たちの心のよりどころだったんだろうなあ。

 

104ハワイ出雲大社

 

 

うん? これは、何と書いてあるんじゃ?

これで ハワイ出雲大社 と読むんだってね。布哇=ハワイ?すごい当て字・・・だけど、やっぱり鳥居にかかる神社の表札に カタカナやアルファベットを使うのは違和感があるわなあ。

 

ハワイ出雲大社と読むらしい。

 

 

 

 

ちゃんと手水舎もある。へー、ここからペーパータオルが出るらしい。

手を拭いたら下のゴミ箱へポイ? こういうとこは アメリカだな−。(でも、この時はペーパータオルは品切れで 私たちは日本人らしく?ハンカチを出して手をふきました。)

 

105手をふくペーパーもある

 

 

 

ふふふ、こわい顔した 狛犬さんもカラフルなレイをぐるぐるかけられて、

なんかカワイイ。ハワイア〜ン これは 思わず写真に撮りたくなっちゃうよね。

 

106レイをかけられた狛犬

 

 

 

 

お参りします。出雲大社って、縁結びの神様なんだってね。

それじゃあ、今までの 数知れぬ嬉しいご縁にお礼を言って、これからのハッピーなご縁を お願いした。

よし、これでこれからも いい事尽くめね。

 

ハワイ出雲大社にお参りします

 

ところで、出雲大社のお参り方法は 他の神社とちょっと違ってて、二礼・四拍手・一礼 なんだってね。知らなかった。失礼しました。

 

 

 

脇に社務所があった。お守りとか、売ってるかな。

 

107出雲大社の事務所

 

 

お守りサンプル?でしょうか。

 

出雲大社お守りサンプル

 

ハワイならではだなと思ったのが、WaterSafety(水難除け)、Marathon(マラソン)。

HAPPINESS や LOVE のお守りも 可愛くて、今思えば お土産にすればよかったな。

ああ、ドルがあんまり なかったんだった(-_-;)

 

出雲大社お守りサンプル (6)

 

お守りのお値段は、日本の神社と比べて まあ こんなものかな と、思えるんだけど、

キャシーさんが尋ねた ハワイアンな御朱印帳のお値段にはびっくり。

ハワイ出雲大社の知名度と共に 跳ね上がってしまったのかな?

 

 

お正月の初詣には、参詣の人であふれることが知られている ハワイ出雲大社だけど、10月の第一日曜日には、秋祭りも あるんですって。お神輿も出るらしいよ。

また、12月のホノルルマラソンの前には 安全を願ってお祓いもしていただけるようだ。そういえば、マラソン専用の お守りもあったもんね。

 

ちょっと期待していた モヤさまでお馴染みの ヌシカンさん(神主さん)にも アシカンさん(副神主さん?)にも お会いすることはできなかった。

 

 

 

2017.6ハワイ24  到着日その22 につづきます。

Mahalo

 

 


クイーン エマの愛と悲しみ 聖アンドリュース教会

 

こんにちは! お越しいただき有難うございます。

2017.6ハワイ22  到着日その20 いきます。

 

聖アンドリュース教会 カメハメハ4世とエマ王妃 (シリアス編)

 

聖アンドリュース教会の続きです。

この教会を建てようと計画したのは、カメハメハ4世とその王妃エマである。この二人なくして聖アンドリュース教会は語れないでしょ。

 

カメハメハ4世アレクサンダー・リホリホは、カメハメハ大王(1世)の孫。3世の逝去により弱冠20歳で即位した。一方 エマ王妃は、カメハメハ大王のブレーンだったイギリス人ジョン・ヤングの孫娘にあたる。幼なじみの二人は、カメハメハ4世 即位の翌年に結婚している。

後年(1958年)設置されたこの大ステンドグラスの中にも 夫妻よりそい登場している(写真、左端ね)。

 

カメハメハ4世とエマ王妃

 

カメハメハ4世とエマ王妃の一番の偉業は、クイーンズ病院の設立だ。

そのころ海に囲まれた離島であるハワイの原住民は、外から入ってくる病気に免疫力がなくて 何でもない病気で次々 命を落としていたんだって。

カメハメハ4世は、なんとかしなくてはと公立病院の設立を議会に提案するが 否決されてしまう。で、エマ王妃と力を合わせて資金を募り 私財も投じて 1860年開院にこぎつけたのがクイーンズ病院だ。

現在も州庁舎の斜め向かいにクイーンズ・メディカルセンターとして存在しているよ。

 

だが、それから遠くない1862年、二人の一人息子アルバート王子が かぜをこじらせ、僅か4歳で亡くなってしまうのである。お二人の悲しみは 如何なるものだったか・・・

 

アルバート王子も天使の姿になって ステンドグラスに描かれているという。探してみたが、この時は見つけられなかった。帰国後、撮影してきた写真の中も探してみたけど、見つけられなかった。

でも、ちょっとずれた位置からキャシーさんが撮った写真の中に見つけたよ。ちゃんとご両親の傍にいたんだね。アルバート王子さま。

まるで 台の陰に かくれんぼしてたみたいだね。

 

アルバート王子

 

カメハメハ4世とエマ王妃は、アルバート王子が亡くなった この年にそろってイギリス国教会に入信している。

そしてイギリスで見たような荘厳な教会を ハワイにも造ろうと、決心したのである。

 

しかし、不幸は続いた。カメハメハ4世は 王子を亡くした悲しみから抜け出せぬまま、持病の気管支ぜんそくで 次の年、29歳の若さで亡くなってしまうのである。

一人ぼっちになったエマ王妃は、ヌウアヌにつくった王族の墓から ほど近い別荘に暮らし、お二人を偲んだといわれる。

一方で、政治や慈善事業にも尽力し、国民から人気と人望のある王妃様だ。

 

教会を建設する計画は、次の国王となったカメハメハ5世 (4世のお兄さん)によって実行され、1886年に一応の完成を得ている。

カメハメハ4世の亡くなったアンドリュース・デー(11/30)に因んで聖アンドリュース教会と名付けられた。

 

93聖アンドリュース教会外観 (3)

 

エマ王妃は、教会の完成を待たず 前年に49歳で亡くなっている・・・

フランスのノルマンディー地方から材料を運び入れたという総石造りの聖アンドリュース教会は、カメハメハ4世とエマ王妃の思い描いたであろう荘厳な外観となっている。

 

 

・・・・さあ これで私達は、歴史地区とは別れを告げて次の目的地に。

また、ハワイ州庁舎の前からLeaLeaトロリーに乗せてもらおう。

 

因みに この次の日、ワイキキのインターナショナルマーケットプレイスを歩いていた私達は、カメハメハ4世とエマ王妃 そして可愛らしいアルバート王子と 思わぬ再会を果たす。

インタマの中庭ステージ脇に エマ王妃の幸せだった日々を再現したような御家族の像ができていたよ。

 

 

2017.6ハワイ23  到着日その21 に続きますー

Mahalo


サーフィンするキリスト様〜? 聖アンドリュース教会 

 

こんにちは! お越しいただきありがとうございます。

2017.6ハワイ21  到着日その19 です。

 

アンドリュース教会 結婚式に人気、ハワイなステンドグラス(ミーハー編)

 

キング・カメハメハデー振り替え休日のせいで なんだかフラれること多しのダウンタウン歴史地区めぐり。最後の目的地は大丈夫かなあ?結婚式とかやってなかったら見学できるはずなんだけど・・・ そう、最近 日本人にも結婚式で人気の聖アンドリュース教会だ。

さっきフラれた州立美術館からサウス・ベレタニア通りをはさんで向かいにある。

 

89聖アンドリュース教会看板 (2)

 

噴水(この時、なぜか水なし)の脇を通って大聖堂の方へ歩いていると、向こうから大きなカメラを持った白人カメラマンさんが やってくる。…ヤバい、やっぱり結婚式の最中かな…

 

でも、彼は「こんにちは。見学ですか?」と流ちょうな日本語で話しかけてくれた。

入り口には女性係員さんもいて 結婚式の最中だが、フラッシュ撮影はしないという約束で教会の中に入れてくれた。

 

93聖アンドリュース教会外観 (4)

 

総石造りの重厚な建物だ。

結婚式のじゃまをしないように そっと おじゃまします。

750人入ることができる大聖堂だそうだが、この時は新郎新婦と神父様だけで挙式中。

黒髪の後ろ姿、日本人かな?

おめでとうございます! 自動フラッシュが光ってごめんなさい(-_-;) 

どんなことも笑い飛ばして(できん時もある・・)末永くお幸せにね。

 

この6m×15mの大ステンドグラスからお日様が差し込む午後の時間には、バージンロードや長椅子にもステンドグラスの様々な色が投影されて 息をのむ美しさだとか。その時間の結婚式の予約は、あっという間に埋まってしまうそうな。

90聖アンドリュース教会ステンドグラス (3)

 

カメハメハ4世とエマ王妃の計画した この教会は、1886年に一応の完成をみているがその後、拡張、改修を経て今の姿になったのは1958年と、比較的最近だ。

 

このハワイ最大のステンドグラスは、1956年にジョン・ウォーリス氏がデザインし 1958年に設置されている。

サーフィンするキリスト様???が 噂されるステンドグラスである。それはステンドグラスの左上の辺に見つけることができる。

 

サーフィンをするキリスト様

 

写真では お顔の部分がうまく写ってないが、やはりサーフィンをしていらっしゃるように見える。頭ガチガチの人が咎めたら、光に乗って降りてみえたところだと言えばいい。

 

 

 

錨92

でも、このステンドグラスの中央辺りには、船のイカリが・・・

 

 

 

91ステンドグラスの椰子の木 (2)

椰子の木だって、見つけちゃった。

 

明らかに、ハワイを意識したデザインだよね。キリスト様が、サーフボードに乗って何が悪い?

楽しいよね。見た人は頬が緩むよね。

 

 

 

ああでも この教会には、カメハメハ4世とエマ王妃の悲しい物語もある。

次回は、それを・・・

 

 

2017.6ハワイ22  到着日その20 に続きます。

Mahalo

 

 

 


ハワイ州立美術館に初代ロイヤルハワイアンホテルの面影は残るか?

 

こんにちは!お越しいただき、ありがとうございます。

2017.6ハワイ20  到着日その18 いきます。

 

ハワイ州立美術館に初代ロイヤルハワイアンホテルの面影を探す

 

次は 州庁舎すぐ横にあるハワイ州立美術館 (前身は初代ロイヤルハワイアンホテル)に向かった。

ここは、火〜土の10:00〜16:00に無料で入館でき、ハワイの多彩な文化の影響を受けたアートを鑑賞できる。

でも、この日は あいにくの月曜日だ。

 

それは知っていたんだけど、ハワイ到着一番にワイキキの現ロイヤルハワイアンホテルを探索してきた私達である。当然、ダウンタウンに来たなら 初代ロイヤルハワイアンホテルも見ておきたい。

とは言っても、既に このスペイン風の美しい建物は 初代ロイヤルハワイアンホテルの姿ではない。

 

84州立美術館

 

1872年に王室の来客をもてなすため建てられた 初代ロイヤルハワイアンホテルは、1917年にYMCAに買収された。木造だった建物は老朽化が進み、1928年にはコンクリート造りのこの建物に建て替えられている。この建物も既に歴史建造物だ。

 

その歴史建造物の洒落た建物も 閉館の今日は フェンスの向こう、あまりにも遠い。

「大丈夫? 落ちない?」と 呆れ顔のキャシーさんをよそにフェンスのコンクリートに足をかけて 身を乗り出して建物に迫ってみる。

 

「どっかに初代ロイヤルハワイアンホテルの名残、ないかなあー」

そういえば、写真で見た初代ロイヤルハワイアンホテルも こんな風に建物の両端に半円柱型の部分があった気がするなあ。ちょっとは似せて造ったとかあるのかしら???

 

85乗り出して州立美術館 (2)

 

 

その謎は解けるはずもなく、州立美術館の周りを歩いてみる。美しい建物だなあ・・・

 

86州立美術館側面

 

 

 

 

うん? この壁の向こうは、例の 「なんちゃってプール」のある中庭じゃないかな?

実は水はないのに まるで水が張ってあるように見えるプール。それも、ブルー系のガラスで作ったアートの一つなんだとか。しかも プールの中に入っていって その幻の水に足を浸す?のもOKみたいだよ。

その昔、ここがYMCAとして使われていた頃 そこは本物のプールで たくさんの兵隊さんたちが休日を楽しんでた。そんな写真が残っているらしい。

えーー、見たいなあ。でも、休館という厚い壁が立ちはだかる・・・

 

84州立美術館2

 

それじゃあ、このハワイ州立美術館のミュージアム・ストアは、どうかしら?

ここの「ショーケース・ハワイ」っていうミュージアム・ストアは、面白そうだ。美術館だけに?ハワイのアーティストが作った様々な品やメイドインハワイの土産物が並び、お財布にやさしいお値段のものも多いそうだ。

日本で人気になった石鹸が、お得に買えると話題になったこともある。

日曜日・祝日 以外の10:30〜15:00は営業のはずなんだけど・・・・

 

やっぱり、キングカメハメハ・デーの振り替え休日っていうのが たたってて?、建物に入るすべは見つからなかった💦

 

こうなりゃ、この歴史地区、最後の目的地に望みをかけようっと。

 

 

2017.6ハワイ21  到着日その19 に続きます。

Mahalo

 

 

 

 

 

 

 

 


カラカウア王もリスペクトしたカメハメハ大王様

 

こんにちは!ケイトです。お越しいただき ありがとうございます。

2017.6ハワイ19  到着日その17 いきます。

 

カメハメハ大王に30年ぶりに御挨拶に行ったら・・

 

初めてハワイに来た時以来、30年ぶりにまじかで見上げたカメハメハ大王像。精悍な顔立ちを眺めていて思い出したことが・・・

 

30年前、ハワイ名所巡りのガイドさんが「この像は、カメハメハ大王じゃなくて もっとハンサムな男性 (当時、イケメンなんて言葉はない) をモデルにたてて作られたものなんですよ。」てなことを、おっしゃってたんだ。

 

今思えば、大いに有り得るな。

どんなに面白いドラマも 演じるのがイケメン俳優でなければ魅力も半減、てとこあるもんな。

 

カメハメハ大王のアップ

 

英雄ハメハメハ大王の容姿はハワイのイメージに大いに影響を及ぼすものなのかも(笑)

ほらね、イケメン大王様の足元には こんなピンクの ❤ 型レイも置かれてたよ。

カメハメハ大王 ファンの仕業かも?

 

❤レイ カメハメハ

 

そんな効果を考えたかどうかは知らないが、

このカメハメハ大王像をたてたのは、かのメリーモナーク、カラカウア王である。

彼は 少なからず、武力、知力、統率力を持ったカメハメハ大王に憧れをいだいていたらしい。

 

ハワイ島のカパアウに生まれたカメハメハ1世は、いち早く英語をマスター。イギリス人をブレーンに付けて西欧の武器を使って マウイ、オアフなどを征服。

カウアイ島には使者を送り戦わずして制圧、1810年にハワイ諸島を統一したのだ。

 

当時、ハワイにやってきた諸国も カメハメハ大王には一目置いていて 彼の生存中はハワイにあまり手出ししなかったというもんね。

カラカウア王がリスペクトしたのも分かるね。 

 

ところで、このカメハメハ大王のブロンズ像、同じものが3体もあるそうだ。

 

カメハメハ

 

ヨーロッパに発注した1体目は、船で運ばれてくる途中 南米沖に沈んでしまった。

同じ鋳型で もう一度作り直した2体目が、今ここにあるカメハメハ大王像である。

 

ところが、30年ほどして沈んだ1体目が発見され、大王の生誕地ハワイ島のカパアウに設置されたそうだ。

それと、もう1体、このダウンタウンの2体目から鋳型をとって作られた3体目が存在する。

なぜか、アメリカ合衆国ワシントンの国会議事堂におられるそうな。

 

そりゃあ、愛するハワイ王国がアメリカに併合された今、政治の手腕に覚えのあるカメハメハ大王としては心配になってアメリカの国会にのりこんだ・・・?

 

じゃなくて、ちゃんと招待されて 国会議事堂のビジターセンターにおられるそうだ。

アメリカ各州から2人ずつ、偉大な功績の方が選ばれ その像がアメリカ合衆国 国会議事堂のビジターセンターに飾られているんだって。

 

ハワイ州代表は、カメハメハ大王と ダミアン神父様(州庁舎前の像の方ね)

うん、妥当なところだね。

もう1人というなら、私ならリリウオカラニ女王 押しだな。(すっかり、ファンです)

 

 

ところで、このカメハメハ大王像の後ろの建物はハワイ州最高裁判所だよ。

 

最高裁判所

 

カメハメハ5世が、宮殿として建てたんだけど完成前に亡くなってしまったんだって。

HAWAII-FIVE-0というドラマの中で事務所として登場するのが この建物らしいよ。

見学してみたかったんだけど、またまた、カメハメハ・デーの振り替え休日で ドアは固く閉ざされていたのだった(-_-;)

 

 

 

2017.6ハワイ20  到着日その18 に続きます。

Mahalo

 

 

 

 

 


超ロングなレイをまとったカメハメハ大王様

 

こんにちは! お越しいただきありがとうございます。

2017.6ハワイ18  到着日その16 いきます。

 

カメハメハ大王に30年ぶりに御挨拶に行ったら・・

 

イオラニ宮殿の正面の門から抜けて 道路を渡り、カメハメハ大王様に会いに行く。

なんと、新婚旅行で初めてハワイに来た時以来だから 30年ぶりくらいになる。(チラッと、お見掛けすることは何度もあったけどね。)

 

80カメハメハ大王像

 

ん? 今日の大王様はいつもお見掛けするのと、なんか様子が違う。長ーーい、長ーーいレイをまとっておられるのだ。(いつもはマントにふんどし?のお姿が あらわである)

 

それもそのはず、この日はハワイ諸島を統一したカメハメハ大王の功績をたたえる「キング・カメハメハ・デー(6月11日)」の翌日だったのだ。

 

キング・カメハメハ・デーに備えて6月9日には カメハメハ大王像にレイをかける「レイドレーピングセレモニー」が行われたようだ。

はしご車のクレーンを使って レイがかけられるらしい。

 

5000個のプルメリアの花を使った、およそ12メートルのレイ。(十数人のボランティアの手によって製作されたということだ。) それと、マイレだろうかティーリーフだろうか 緑の葉っぱを使ったレイも、かけられていたな。

両腕にかけられたレイは、地面までも届いている。とても見事なものだ。

 

81カメハメハ大王.2 (2)全身

 

ところが、このレイ 3日間飾ったら もう取り外されてしまうそうな。像を傷めないためなんだって。

惜しいようだが、それがいいかもしれない。だって、3日経ったこの時、花の色がやや変色してきてたもの。この日の午後辺り 取り外されたのかもしれないな。

 

レアなものを拝ませていただいた (^▽^)

 

81カメハメハ大王 (3)

 

この他、6月10日には 「キング・カメハメハ・フローラルパレード」というのがあったみたい。

イオラニ宮殿からカラカウア通りを通ってカピオラニ公園まで ハワイの民族衣装の人たちがフロートや馬に乗ってパレードするんだって。見ごたえのあるパレードらしい。

 

知らなかったなー。このパレード、すごく見たかったな。2、3日 早く来ればよかったかな。

キングカメハメハ・デー(6月11日)の前の金曜日に レイをかけるセレモニーがあり、翌日土曜日にパレード というのが例年のパターンだということだ。6月のハワイ旅行を計画しているなら、一考の価値ありかな。

 

パレードと言えば、9月の終わりの土曜日にも「アロハフェステイバル・ザ・フローラルパレード」というのが行われる。こちらも負けず劣らず 華麗なパレードのようだ。

「キングカメハメハ・デー」パレードと、この「アロハフェステイバル」のパレードが、見るべき 2大パレードって感じかな?

あと、12月初めには「ホノルル・シティ・ライツ」のクリスマスパレードがあるよね。

 

飛行機の最安値の日をねらってハワイに来る私達には、こんな魅力的なイベントに遭遇するのは なかなか難しいのかしらね? 旅行費用と折り合いをつける方法を探ってみたい(笑)。

 

 

2017.6ハワイ19  到着日その17 に続きます。

Mahalo

 

 

 

 


イオラニ宮殿、王国と民を愛した最後の女王

 

こんにちは! お越しいただきありがとうございます。

2017.6ハワイ17  到着日その15 いきます。

 

イオラニ宮殿の住人達 あれこれ

 

州庁舎の裏手に立つ リリウオカラニ像の後ろに、イオラニ宮殿が見えた。

すぐそこに門があるので、ここから入ることにする。

 

73イオラニ宮殿の裏門.jpg2

どうやら、ここは 裏門らしいな。

 

 

 

駐車スペースを横切って、宮殿の建物の方へ。

左手の大きなバニヤン・ツリーが、カピオラニ王妃(宮殿を建てたカラカウア王の奥さんね)が植えたというやつだな、きっと。

 

74イオラニ宮殿

 

この時 右手に 十字のしるしのついた石造りの建物が見えた。「あれは何かな」と話してたんだけど、キャシーさんの予想どおり、元 近衛兵の宿舎だった。そして今はチケット売り場になっている。

ガイドツアーやオーディオツアーに参加する場合は、そこでチケットを買うらしい。

でも、私たちは素通り。今回の私たちは、外側から 見てるだけ〜

 

というのは、ドルの持ち合わせが少なめなのだ。

実は今回、私はセントレアの搭乗ゲート前の両替所で財布の中に1円もないことに気付いた(^^;

キャシーさんの余裕資金を借りるも予定金額の半分ほどだし、キャシーさんも余裕資金がなくなっちゃうし・・・(ごめん)

クレジットカードで何とかなったものの かなりの冷や汗ものでございました。

 

 

 

それはさておき、イオラニ宮殿 裏側です。

アメリカで唯一の宮殿だ。建てたのは、かのメリーモナーク(陽気な王様)と呼ばれたカラカウア王。リリウオカラニ女王のお兄さんだね。

 

新しもの好きの王様カラカウアは 1882年当時すごい珍しかった電気設備に電話、水洗トイレまで備えたこの宮殿を建てたんだけど、その負債で王権の力は益々弱まってしまった。・・・という トホホな宮殿でもある。 陽気な王様は、ここで毎晩パーティーを開きエンジョイしたともいわれるけどね。

 

しかし、実際は 在任中のカラカウア王は、アメリカや欧米諸国に対し いかにハワイ王国を存続させていくかに苦悩する日々だったという。

 

75イオラニ宮殿裏側

 

そうそう、当時 禁止になっていたフラを復活させたのもカラカウア王だ。

元々は文字を持たなかったハワイ原住民の人々は、大切なこと(全てのものに精霊が宿ると考え、自然や神様への感謝を大切にしていた)を祈りに乗せてフラで継承してきたのだ。(古典フラのことね)

ところが、アメリカからの宣教師は 男性はマロ(ふんどしの様なもの)、女性は腰ミノだけを身に付けて踊るフラを野蛮なものとみなして 約50年間 禁止していたのだ。

 

このハワイアンの心のよりどころともいえるフラを 露出度の少ない衣装に変えて復活させたことは、カラカウア王の大きな功績だ。激減するハワイ原住民と、ハワイの文化の消失に危機感を感じていたのかも。

 

ハワイの存続を願って世界各国との外交にも熱心に取り組んだカラカウア王。

しかし、状況はハワイ王国存続に不利な方に向いて行ってしまう。

そんな中、1891年、カラカウア王 54歳で死去。

 

そして、王位継承者に指名されていたリリウオカラニが王位に就くのである。

 

 

 

 

こちらが宮殿の表側

裏側と同じじゃん と思うけど、2階の右端の窓を見て!

下半分が 白く不透明な窓、ここがリリウオカラニ女王が8か月間 幽閉された寝室だ。

 

77イオラニ宮殿前.2

 

兄のカラカウア王より もっと「ハワイアンによるハワイ」を主張したリリウオカラニ女王は、ハワイ原住民に有利な独自の新憲法を発布しようとして強硬手段に出る。・・・が、これにより、クーデターが発生してしまう。

 

クーデターで共和国が設立された後に起こった、王権派の反乱の首謀者容疑で捕らえられイオラニ宮殿の一室に幽閉されたリリウオカラニ女王。 

8か月後、反乱で捕らえられた200人の命と引き換えに王政の終わりを認める署名を求められる。これ以上、ハワイアンの血を流したくないリリウオカラニ女王は交渉に応じ、解放される。

なんだか策略めいてない?

後にクリントン大統領の時代になってアメリカはこの一連の件について謝罪をしている。おそいよー。

 

イオラニ宮殿のガイドツアーに参加して リリウオカラニ女王が幽閉されていた部屋や 幽閉中に縫い上げたキルトとか見たかったけど、またいつかドルと時間をたっぷり?持ってやってこよう(笑)

 

 

 

正門?の方へ向かうと、カラカウア王の戴冠式があったイオラニ・コロネーション・パビリオンが見えた。

 

83冠

 

 

こちらが正面入り口でした。

79イオラニ宮殿表門

 

次は道路をはさんで向かい側のカメハメハ大王に会いに行く。

 

 

 

2017.6ハワイ18  到着日その16 につづきます。

Mahalo

 

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

profile

search this site.

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ハワイ旅行記+ハワイ情報のブログ、始めます。
    ケイト
  • ハワイ旅行記+ハワイ情報のブログ、始めます。
    みみ

links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM