2016.12 ハワイ7 「ハワイの伝統を伝える」アウラニ・ディズニー・リゾート探索 

JUGEMテーマ:ハワイ

 

こんにちは。ケイトです。

 

アメリカと北朝鮮、物騒なことになってきましたね。大丈夫でしょうか。

心配です。

 

2016.12 ハワイ7 到着日その6です。

 

 

 

モンス2 アウラニ・デイズニー・リゾートを ぶらぶら

 

エントランスに到着してすぐに ツーショットを撮影してくれたキャストさんのサービスにもすっかり気をよくして まずはリゾート内をぶらぶらすることに。

 

エントランス入ってすぐ左がアウラニ限定のディズニーグッズが買えるカレパ・ストアだけど、ちょっとお預け。 荷物になるからね。まずは、このハワイ色あふれる ホテル・リゾート内を探索してみよう。

 

アウラニ・デイズニー内部3

 

ぼやけてしまったけどあせハワイの歴史を描いた壁画。

「ハワイの伝統を伝える」というのが、アウラニ・デイズニーのコンセプトなんだって。

 

 

 

アウラニ・デイズニー内部

 

大昔、ポリネシアから帆を張ったアウトリガーカヌーでやってきた勇敢な祖先にちなんで

建物のテーマは、「カヌーハウス」。天井の高い三角屋根が、特徴だ。

 

そういえば、先日  見たディズニー映画「モアナ海の伝説」でも、登場人物のモアナとマウイが、アウトリガーカヌーに帆を張って風をよんで操り、海を渡ってた。

 

あんなシンプルな船で 自身の腕だけを頼りに 大海を渡ってきたハワイアンの祖先。

開発が目覚ましいハワイだけど、ハワイアンの伝統や文化は、大切に残し守っていってほしいな。

 

そういった古来 伝わる伝統や文化 それと自然をふんだんに感じられるハワイが、私たち観光客にとっても 魅力なんだよね。

 

 

モンス2  外に出たら、フラの楽器 イプや プイリを見つけた 

 

雨が降ってるけど、建物の外も ぶらぶらしてみましょ。

ん?これは!  フラに使う楽器が並んでいる。

 

ィプ.png

 

手前から、竹の先に切れ目を入れたプイリ? 竹どうし、又は体を叩いて鳴らすそうな。

その向こうは、瓢箪で出来てるイプ、大きいサイズの2つは形からイプへケと言われるものかな。

そして、上段に大小の太鼓。パフドラムと呼ばれるものだろうか?

 

置いてあるだけで絵になるけど、鳴らしてるとこ、見てみたいなあ。

これらの楽器を使って踊られるのは、古代から伝わるフラ・カヒコと呼ばれる伝統的フラだろう。

楽器を鳴らしてリズムを取り、ハワイ語で唱えられるメレと呼ばれるチャントに合わせて演じられるという。神に捧げられることもある厳粛なものだ。

 

これも、ハワイの伝統を伝える というコンセプトにかなっているね。

 

 

 

おおーー、アウラニ・デイズニーの象徴になってる 三連続、三角屋根だあ。

 

三角屋根アウラニ.png

 

 

 

ハワイらしい植栽に 癒される。

 

植物アウラニ.png

 

 

 

宿泊施設の全景を パチリ!

外観アウラニ.png

暗いーーー

雨神さま、いい加減に去ってくれーーー

 

 

2016.12ハワイ8 到着日その7につづく

Mahalo

 

 


2016.12 ハワイ6 シャトルバスとタクシーでアウラニ・ディズニーへ

 

こんにちは。ケイトです。

朝一番で ディズニー映画「モアナと伝説の海」を見てきました。

 

アニメであることを忘れるくらい、海の色がきれい。

あれは、まさにハワイの海だね。

 

モアナとマウイのように

アウトリガーカヌーに乗って海の冒険に出かけてみたい・・・

とは、思わないけど

 

ワイキキビーチのアウトリガーカヌーに乗って

波の2つや3つ 乗り越えてみたいなあ。

 

2016.12ハワイ6 到着日その5です。

 

 

 

モンス2  チャーリーズタクシーを拾って、アウラニ・ディズニーへ

 

私たちが、シャトルバスでワイケレ・アウトレットに来た 2つめの目的は、ワイケレから タクシーで20分ほどで行けるアウラニ・デイズニーに行くことだったのだ。

 

 

この一見 回りくどいアウラニ・デイズニーへの行き方は、3泊5日の短い時間で やりたいことが多すぎる私たちの苦肉の策なのだ。

 

と、いうのは アウラニ・デイズニー行きを到着日に持ってくるしかなかった私たちは、

 

.▲Ε薀法Ε妊ズニー行きオプショナルツアーの出発時間に間に合わない

▲供Ε丱垢鮖箸Δ肇妊ぅ坤法失粘鵑蠅離丱皇笋遠くて、安全な時間に

 帰りのバスに乗り込めるか、自信がない。

ワイキキからタクシーを使うと、莫大な?費用がかかろう

 

以上の理由で

ワイケレ・シャトルバスとタクシーの組み合わせを選んだのだ。

 

さあ、上手くタクシーが捕まるといいけど。

 

これは簡単だったというか、幸運だったのか。

ワイケレの駐車スペースを見回すと、待機中だったチャーリーズタクシーを見つけたよ。

 

チャーリーズタクシーって、定額で安心なイメージがあるんだけど、どうかな。

金髪の運転手さんに片言で、料金を聞く。

 

ワイケレ〜アウラニ・ディズニー、チップ込み$45

帰りも別のチャーリーズタクシーで同じことを言われたから、

これが、チャーリーズタクシーの定額かな。安くはないなー。

 

 

シャトルバス代$10+タクシー1人分$45

しめて、$55のアウラニ・ディズニーツアーかあ

安くはないが、貴重な時間を 最大限に生かす必要経費だったかな。にこ

 

 

タクシーに乗り込んでアウラニ・ディズニーへ

途中、カポレイの町が遠くに見える。

旅の計画中にネットで見たアウラニ・ディズニーオプショナルツアーにディズニーとカポレイの町をセットにしたものがあったな。大きなショッピングセンターがあるんだったかな。

いつか、カポレイの町も歩くことがあるかな。

 

 

 

モンス2 ウルの実が迎えてくれた、ハワイ色たっぷりアウラニ・ディズニー

 

ついにデイズニーホテルらしき建物が見えてきた。

タクシーは、緑深い小道を抜けてエントランスへ向かう。

 

その時、「あ、ウルの木・・・大きな実がなってる」

大きな深い緑の葉、インパクトのある実。確かにウルの木に違いない。

 

ウル (パンの木)は、ハワイアンキルトの代表的なモチーフの一つだ。

豊穣とか、繁栄の意味を持つ人気のモチーフである。

「台所に一枚 ウルのキルトを飾ると、食いはぐれがない」って聞いたことあるんだけど、本当かしら (笑)

 

旅の相棒キャシーさんは、ハワイアンキルトの名手なんだけど、ウルの実を目にしたのは、初めてだったらしい。

もちろん、私も。

ハワイ色を前面に打ち出しているというアウラニ・デイズニー。

とっても嬉しい ウルの木のお出迎えだった。

 

アウラニ・デイズニー内部

 

チャーリーズタクシーさんにThank youして、

カヌーハウスをイメージしたというエントランスホールに降り立つ。

アウラニディズニーのシンボルとなってる三角の天井だあ!

 

「わあ、写真撮りたい」と、思った瞬間、キャストのお姉さんが駆け寄って、写真撮影を申し出てくださった。・・・パチリ!

着くなり、アロハなホスピタリティに遭遇して大感激だ。南国ハワイのディズニー・ホテルにますます期待が高まる。

 

 

 

 

2016.12ハワイ7 到着日その6に続く

MAHALO

 

 


2016.12 ハワイ5 ワイケレ・アウトレットとレナーズ・マラサダワゴン

 

こんにちは。ケイトです。

この地方のsakurasakuraは、何とか週末まで持ちそうです。

 

2016.12ハワイ5 到着日その4です。

 

 

 

モンス2 VIPツアーのワイケレ・シャトルバス

 

VIPツアーで予約したワイケレ・シャトルバスは、

オハナ・ワイキキ・マリアホテル前から1:35ごろに乗ることになっていた。

 

待っていると、同じ目的と思われる人たちが 十数人 集まってきた。

集合時間が少し過ぎたころ、すでに半分ほどの席が埋まったシャトルバスがやってきた。

 

みんな乗り込むと ほぼ満席となって、出発。

シャトルバスは、カパフル通りに曲がって 走っていく。

 

「あっ、レナーズだ!」やはり、人気店らしく人だかりが見えた。グーグルマップのストリートビュー愛好家の私は、知ってる通りを確認するように カパフル通りを眺めて、ワクワク。 でも、後はもう、私の知らない道だ。

ウトウトしていると、40分ほどでワイケレ・アウトレットに到着した。

 

 

モンス2 レナーズ・マラサダワゴン

 

これです、私たちの1つめの目的はにこ

 

ワイケレ・プレミアムアウトレットの前の大きな道路(ルミアイナ・ストリート)を渡り、スタバやマクドナルドのあるほうへ。

(写真は、渡り終えて振り返ったところです。)

 

 

 

スタバの前を通り抜け、駐車場の一番奥に・・・

 

ほら、レナーズマラサダワゴンがいた。さっき、カパフル通りでシャトルバスから見たマラサダが有名なベーカリー、レナーズが ここワイレケの駐車場の奥にワゴン車を出しているのだ。もちろん、その場で揚げているので ホカホカだ。

赤白ラインは、けっこう遠くからでも 発見できる。

 

 

 

この時は、雨の中 7,8組の人々がマラサダの出来上がりを待っていた。他にもいくつか、ワゴン販売車が止まっているのだが、やはり、レナーズが人気である。

注文して待っているとレシートのナンバーで呼んでくれる。

 

シンプルなオリジナルと ハウピアクリームいりを 2個ずつ買った。

 

オリジナルとシナモンは$0.9 、チョコレート、ハウピア、カスタード等のクリーム入りは$1.25 だったと思う。あの可愛いピンクの箱に入れてもらって にんまり。

 

ベンチを探してほおばる。

ほかほか、もっちり、うまく表現できないが人気の訳が分かったような気がする。

 

 

ぎっしり予定の詰まった3泊5日旅行の私たちには、カパフル通りの本店までは なかなか足が延ばせそうにない。

 

ここで 揚げたてを味わえるのはラッキーだ。

 

 

さあ、おなかもいっぱいになったし、私たちの2つめの目的を実行することにしよう。

 

 

 

2016.12ハワイ76 到着日その5につづく

MAHALO

 

 


 


2016.12 ハワイ4 ワイキキビーチウォーク→トランプホテル→高橋果実店

 

こんにちは。ケイトです。

2016.12ハワイ4 到着日その3です。

 

 

 

モンス2 トランプ・インターナショナル・ホテル発見 

 

ワイケレ・アウトレットへのバスツアーまで時間があるので、高橋果実店まで足を延ばします。

VIPツアーのあるワタムルビルを出て、ルワーズ通りを海のほうへ。

カラカウア通りを横断するとルワーズ通りに沿ってワイキキ ビーチウォークが見えてきた

 

青い芝生にヤシの木が立ち並びやし2yasiヤシ

大理石風の白い歩道のわきに、お洒落なショップやレストラン

 

私は、このワイキキビーチウォークの景観が大好き(だけど写真を撮り忘れたいら)。

ヤシの木の向こうにショップが浮かび上がる夜の風景も素敵なんですよ。

しかし、

「ここ、すごくいい感じだよねえ」と、キャシーさんに同意を求めるも 反応が薄い・・・

 

 

ワイキキビーチウォークを通り抜け、この辺に高橋果実店がある。と思っていたのだが、

思い違いだったあせ

もう1本西のビーチウォーク通り沿いだったらしい。(名前、紛らわしいよね)

ロイズの角を曲がってもう1本向こうのビーチウォーク通りへ。

 

すると、キャシーさんが興奮気味に

「わ、ここ トランプだよ、トランプ! 写真とろう、写真」

 

トランプホテル

 

トランプ
 

キャシーさんのツボは ここだったのか。 わたしゃ、気にも留めてなかったよ−

(この時、トランプ氏大統領選まさかの当選から1か月たってなかったんだよね)

 


 

モンス2  トランプのお隣は 高橋果実店

 


高くそびえるトランプホテルのお隣に高橋果実店は、昔ながらの佇まいで ちょこんとたっていた。気を付けていないと通り越してしまいそうな有名店。

 

何年も前に雑誌で知って以来、念願だったフルーツソルベのケースにようやく、たどり着いた。

店主の許可を取って、さっそくカメラに収める。

 

フルーツソルベ

 

店を入った正面が、店主のいるレジで 左がこの写真のケース。

右にはサンドイッチやカットフルーツの入ったケース といったコンパクトでシンプルな店内。

 

マンゴーアイス(5ドル25セント)を選んで、店の前の白いプラスチックチェアーで2人で1カップをいただく。

すっきりしてて、暑い日なら いくらでもいけそう。

(この時は12月の雨の日で かなり涼しかったのだ。)

 

ここに備え付けられたモニターに、創業者の高橋満(ミツル・タカハシ)さんがTVの取材を受けた時の映像が繰り返し流れているようだ。

 

ミツルさんは、日系2世としてマウイ島で生まれたらしい。1946年にオアフ島で野菜の露天商から始めた。TV取材の中で「(そのころは)建物が何もなくて砂ばっかりだった。」みたいなことを仰ってるようだ。リアルだな。そんな時代のこの辺りを目撃した方だったんだ。

 

 

1 高橋果実店のマンゴーアイス

 

いつの間にか、店主が外へ出てきて「おいし?」と声をかけてくださる。

日本人らしい風貌だが、日本語は片言っぽかった。

何年か前に亡くなられたという 創業者であり 名物店主だったミツルさんの息子さんかな?

 

高橋果実店の英名は「HENRY‘S PLACE」だ。彼の名は、ヘンリーさんなのかな? 勇気を出して尋ねてみればよかったな。私だって ワッチャーネーム?なら言える(笑)

 

ハワイには、彼のような2世、3世が 大勢いらっしゃるんだろうな。

 

今度はマンゴーが旬の夏に来て、カット・フルーツのマンゴーを食べたいな。「果物屋さんなのに美味しい」と評判のサンドイッチも試してみたい。

高橋果実店 7:00〜22:00

クレジットカードは、ダメみたいね。

 

 

 

2016.12ハワイ5 到着日その4に続きます

MAHALO

 

 


2016.12 ハワイ3 インタマのバニヤンツリーに ご挨拶後、VIPツアーで手続き

 

 

こんにちは。ケイトです。

ここんとこ、すっきりしない天気で洗濯物が カラッと乾きませぬ。

ずんずん脱ぎ捨てる家族に ついイラッとする心の狭〜い私いら

こんな日は、思いっきりやし2ハワイヤシの思い出に浸りましょ。

 

2016.12ハワイ3 到着日その2です。

 

 

 

モンス2 久々のインターナショナル・マーケットプレイス

 

まだまだ続くTOYS FOR TOTSバイクパレードを横目に 私たちは西に向かって歩き出した。

 

と、おおーー、ここは! リニューアルしたインターナショナル・マーケットプレイス。

この夏にオープンしたんでしたね。

2年半前に来たときは、青いシートで囲まれて 工事中だったんだ。

 

リニューアルオープンから 何か月か過ぎたけど、まだオープンしていない店舗も多くある。すっかり美しく変わってしまった様子に戸惑いながら進むと、以前と変わらない あの樹に遭遇した。

 

樹齢150年のバニヤンツリーにご挨拶です。大きく枝を広げ、長い工事を見守っていたであろうバニヤンツリーは お元気そうな顔を見せてくれた。

 

「お久しぶりです。ご無事でよかった。 

 前とは全然、趣の違う場所になってしまいましたね。150年ここでハワイの移り変わりをずんぶん ご覧になったんでしょう?」

 

エキゾチックな 夏祭りの屋台村みたいだった 前のインターナショナル・マーケットプレイスが けっこう好きだったんだけどな。でも、時は流れていく。

お爺さんバニヤンツリーが語ってくれそうな ハワイの歴史について少し、調べてみたくなった

 

インタマ

 

あ、でも このチェアーのデザインは素敵だな。

カラーもバニヤンツリーの幹の色によくマッチしてて、デザイナーさんのこの場所への配慮が感じられた。

今度行ったら、絶対 座ってみよ。

バニヤンツリーが、気持ち良い木陰を作ってくれそうだ。

 

 

 

モンス2 VIPツアーで手続き

 

雨が強くなってきた。あまり ゆっくりはしていられない。

これから、午後の予定を予約してあるVIPツアーへ手続きに行かなければならないのだ。

 

VIPツアーは、インターネットから予約を入れた上に 現地に着いたら 支払い手続きのために、一度 会社を訪れなければならないのだ。

まあ、お値打ち価格で希望に合うツアーがあったし、会社も便利な位置にあるからいいんだけどね。

 

カラカウア通りを西に進み、(DFSの隣りの) ルイ・ヴィトンの角を右折するとすぐ。

つまり、ルイ・ヴィトンの裏側にある ワタムルビル5Fが VIPツアーだ。

上部に WRTUMULL と書かれた入り口から入り、エレベーターで5Fに上がる。

 

VIPツアーは、そんなに大きな会社ではなさそうだが、2年半前の家族ハワイで ハレイワ方面のツアーでお世話なった時の対応もガイドさんも好印象だった。

 

今回、予約が入れてあるのは、ワイケレ・プレミアムアウトレット往復10ドルのバスツアーである。

ブランド品購入の予定はないが、このツアーを使って、ある計画を立てているのだ。

 

VIPツアーでの支払いは、「クレジットカードよリ現金払いがお得」と言われて 現金で10ドル支払った。 支払いと集合時間、場所確認をすますと、まだ、集合の13:35まで時間がある。

 

じゃあ、以前から一度行ってみたかった あそこへ寄ってみなくちゃ。

 

 

 

 

2016.12ハワイ4 到着日その3に続きます。
MAHALO

 

 

 

 
 

 


2016.12 ハワイ2 ホノルル空港到着 神々との出会い & 爆音TOYS FOR TOTSパレードラン

 

 

こんにちは! ケイトです。

 

2016年12月 ハワイ旅行記2 到着日その1です。

 

 

モンス2 ホノルル空港に到着

 

私たちを乗せた デルタ612便は、予定通り9:40ごろにホノルルに到着。

 

毎回、感じるこの不思議な気持ち

 

夜、日本をたち、同じその日の朝にハワイにいるなんて

ハワイの神様ティキから時間のプレゼントをいただいた感じ

まあ、帰るときには返すんだけどね。

ずーーーーーーっとハワイにいたら、返さなくてもいいってことになるのか????

 

アホなことを思いつつ、空港内移動のバスに乗せられ、入国審査場へ

いつも、この入国審査の長い列で、神様のプレゼント時間はけっこう奪われてしまう。

 

 

それでも何とか、すべてクリアして 預かり荷物のスーツケースに再会した。

 

それにしても、お天気よくないなあ・・・・

 

 

ホノルル空港

 

 

 

モンス2 雨神さまに、遭ってしまったーー

 

団体出口から出て、ネット予約しておいたHISの混乗車に乗るため、30分ほど待った。

ベンチに座っていると、「ワイキキでパレードがあるから遅れるかも」と、小耳にはさむ。パレードなら見たいけど・・・・

 

ついに雨も降ってきた。

 

その時、ハワイとは似つかわしくない陰鬱な面持ちの男性が、私達に話しかけてきて

「所有のコンドミニアムに長期滞在」の自慢のついでに、

私たちの旅行期間の全てが雨であることを告げてきた。

 

がっかりするキャシーさんの肩越しに見る彼は、どうやら雨神の化身らしい。

恵みの雨を降らす雨神じゃなくて、疫病神の お仲間に違いない。(ただの雨男か)

 

いずれにしても、退散してもらわねば!

3泊5日の私たちには、晴れの日が必要なんだよっ

心の中と、小さく手振りで「雨神、退散」と塩をまいた。

 

と、

 

ほどなく、雨神さまは退散。

じゃなくて、私たちの名が呼ばれてHISの小型バスへと案内された。

 

HISの小型バスを二人占め

 

私たちは、小型バスに乗り込むと運転席のすぐ後ろに陣取った。

 

HISの送迎受付には、あんなにたくさんの人が待ってたのに、なぜか、その小型バスは キャシーさんと私だけを乗せると、さっさとドアを閉めて走り出した。

 

なんとなく覚えのある景色をどんどん通過して、順調にワイキキへと向かう。

12月でもオレンジ色の花をつける木が時々、見える。

ああ、ハワイなんだなー

 

でも、バスの中は、冷房がガンガンに効いてきて寒い。

 

「寒いねえ」と、話しててもドライバーさんに通じる様子もなく、あんまり寒いので

超初心者向け 英会話本で覚えたフレーズを恐る恐る、口に出してみることに・・

 

    「Sorry......I feel cold.」

 

ドキドキドキドキドキドキ

 

 ドライバーさん「*+×><+*?+*+×><+*×<+*+*+×>+*」

 

おっしゃることは、さっぱり理解できなかったが、快く適温にしてくださった。

勇気出して言ってみるもんだな。

 

バスは、アラワイ運河沿いに走り、右折してカイウラニ通りに・・・

 

 

 

 

モンス2 TOYS FOR TOTS パレード ラン

 

カラカウア通りが 近づくにつれ 聞こえてきたの爆大きくなる。

 

ドライバーさんにThank youにこして、今回の宿泊先、プリンセス・カイウラニ・ホテルのロビーに入っても、相変わらず、爆音bAikuぶーんは 付きまとってくる。

 

私にとって初めてのプリンセス・カイウラニの第一印象は、ほぼ、爆音bAikuぶーんに かき消されてしまった。

 

スーツケースを預けて爆音bAikuぶーんのカラカウア通りに出てみよう。

 

バイクパレード1

 

モアナサーフライダーさん、ごきげんよう!

クリスマスのおめかし、してるんですね。・・・でも走り抜ける爆音バイク

 たくさんの人が、通り沿いに立って このバイクパレードを見守っている。

 

サンタさんコスチュームや、赤いTシャツのライダーもいる。

 

1 爆音バイク2

 

各国から集まったライダーが、恵まれない子にクリスマスプレゼントを届ける「TOYS FOR TOTS CARAVAN」という団体のイベントだったと後から知った。

 

ハーレーにまたがる強面のお兄さんも 心優しいサンタさんだったんだね。

おばさんは、涙がでるよ。

知ってたら、もっと温かい目で爆音bAikuぶーんパレードを見守ったよー

 

現地で ちゃんと何かを感じるには、下調べが大切だな。

いや、スマートフォンとWi-Fi 必須の今の子は、その場でちゃちゃっと調べるんかい?

 

 

 

 

2016.12ハワイ3 到着日その2につづきます。

 

MAHALO

 

 

 

 

 


2016.12 ハワイ1 セントレアからデルタ航空で出発です。

JUGEMテーマ:ハワイ

 

こんにちは。ケイトです。

 

ずいぶんと前置きを ごてごて書いてしまったハワイ旅行記、やっと本編に

たどり着きましたあせ

 

2016.12ハワイ旅行、出発日の お話です。

 

 

 

モンス2 セントレアへ

 

デルタ航空の夜の便で立つので

夕方、キャシーさんが、車で迎えに来てくれました。ありがたやー

 

セントレアの駐車場も予約してくれてあるので 安心。

駐車場予約は、通常1,000円かかる (駐車料金じゃなくて、予約料金がだよ―。納得できん!) けど、キャシーさんのセントレアカードで無料に。

 

しかもしかも、駐車料金も二人で割れるもんね。

お財布が二つあるっていいよね (^^♪

 

 

12月初旬の この地方は、まだ寒さは それほどではないが、体が寒さに慣れてない。

ハワイ仕様の服装の上に、薄手のダウンを着込んでいるけど、何だか スコスコするし。

さあ、南の島へ出発だーーー(^▽^)/

 

 

 

モンス2 雨のセントレアでイルミネーション

 

搭乗手続きを済ませて、スーツケースを預けたら、スカイデッキに。

 

セントレア 

 

11月23日から始まった イルミネーションは、

紙飛行機で世界周遊みたいなテーマらしい。

真ん中に写った星みたいなのが、大小の紙飛行機ですって。3月31日で終了でした。

 

 

 

モンス2   初 デルタ航空

 

そうこうしているうちに、搭乗受付時間が近づいてきたので搭乗口へ。

 

私は、デルタ航空が初めてでしたが

実は、前日にウェブチェックインしたら 往路の座席が予約時に取った席と違ってたんです。

 

往路、復路とも予約時に並んで空きがあった 28F・28Gを取ったんだけど、

なぜか、ウェブチェックインしたら 往路だけが19F・19Gに替えられてた。???

 

19F ・19Gって確かエコノミーの中でも条件のいい座席を 航空会社が上級会員用に抑えておくといわれるプリファードシートだったような・・・

 

一般の人も ウェブチェックイン時に空きがあれば有料で取れるというが

希望してないし、料金も追加されてないし???

これは、もしかして アップグレードとかいうやつ?

 

この謎は解けぬまま、ついに搭乗。

 

 

 

モンス2 デルタ空港、名古屋ーホノルル線に乗った感想

 

プリファードシートと思われる19F ・19Gは、やはり前の席との間隔が少し広く、

私の短い足なら 充分に伸ばせました (^^♪

 

でも、前の席が遠いので 前のシートの背もたれについているテーブルが使えない、

どうするのかと思えば、自分の席のひじ掛けあたりから小さなテーブルが出ます。

へーーなるほど。

 

ところが、機内食が配られると機内食のトレーに対してテーブルが小さいため、何だか 不安定です。

税関申告書を記入するのもテーブルスペースが狭くて、書きにくかったです。

 

そんなわけで、この時の プリファードシートは、なんだか微妙な感じでした!

 

 

 

もう一つ、窓に近い座席を取ったせいか、寒かったです。

私は、今まで冬の時期に飛行機に乗った経験がないせいで そう感じたのかもしれませんが・・・

ガイド本の中には、「機内から、ハワイ仕様の服装で」とか書いてあるものがあったけど、少なくともこの時期には とんでもないこったー。

 

理系出身のキャシーさんが、高度が上がると気圧が下がって気温がどうとか言ってるけど、わからん。

窓を見ると、外側が凍ってるような・・

 

寒い!

一度ポーチに押し込んだユニクロ コンパクトダウンを引っ張り出し、しっかり着込んだのでした。

 

 

 

あっ、でも とってもいい と思ったこともあります。

 

デルタハワイ便は、機体がボーイング767ですが、座席の並びが2−3−2となっている。数多くある 窓から2座席を確保すれば、二人旅には とっても落ち着ける快適なスペースです。

(口開けて 寝てても大丈夫  笑)

 

 

 

 

と、いうわけで スヤスヤ眠ってるうちに、いつの間にか、ホノルル到着。

 

 

2016.12ハワイ2 到着日その1につづく

 

2017.6のデルタ航空の記事は、こちらです

 

MAHALO

 

 



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

profile

search this site.

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ハワイ旅行記+ハワイ情報のブログ、始めます。
    ケイト
  • ハワイ旅行記+ハワイ情報のブログ、始めます。
    みみ

links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM