2017.6 ハワイ49 カヴェヘヴェへ への抜け道を見つけた!

 

こんにちは! お越しいただき、ありがとうございます。

2017.6ハワイ49 二日目その9 いきますー

 

古代ハワイアンの治療の場 カヴェへヴェへ 

 

331 カヴェへウェへ

 

 

ハレクラニで フラとカクテルを楽しんだキャシーさんと私は、ハレクラニ前のカリア・ロードの歩道を歩いていた。

歩道上に建つ「PUBLIC RIGHT OF WAY TO BEACH」と書かれた青い表示。

どういうこっちゃ? ビーチに通り抜けしていい道?

 

ちょうど、ハレクラニとお隣のアウトリガー・リーフ・オンザビーチの建物の間だ。

そこには、入り口は植込みのせいで見落としそうな 細い抜け道が存在していたのだ。

 

329 ビーチへの抜け道

 

さっそく、興味津々で この抜け道に突入する。

このすれ違うのが やっとの細い 小道をビーチ側からやってくる何組かの人たちがいる。けっこうな人通りというわけだ。

もしかして、この先にあるビーチって・・・・

 

 

 

やっぱり・・・!   この小道は、「カヴェへヴェへ」 につながってたんだ。

ワイキキ地区の重要な史跡では、このサーフボード型の碑が その場所の意味や歴史を説明してくれている。

 

330 カヴェへヴェへ

 

無論、英語だけどね (^^; 、恐る恐る 数行 目を通してみると、この説明、観光客も意識してか そうややこしい文体ではない気がする。きっと中高生の時 英語がお得意だった向きには、スラスラ頭に入ってくるんじゃなかろうか?

 

330 カヴェへヴェへ.の史跡ボード

 

・・・自分には向かないと判断した私は、実際のカヴェへヴェへの方に意識を移すことにした(-_-;)

山からの雨水が 海中から湧き出してくるという、カヴェへヴェへ

淡水が湧き出るため、珊瑚が育たず そこだけ海の色が、淡いブルーになっている。

 

ちょうど、ハレクラニやアウトリガー・リーフ・オンザビーチの辺りの海だ。

古来 その淡水と海水が混じり合う場所は、カヴェへヴェへ(ハワイ語で除去の意味)と呼ばれ 悪いものを取り除くとされる。

 

332 カヴェへウェへ2 (2)

 

古代ハワイアンは 病は自分の過去の悪い行いに原因があると信じていた。

ちょうど、この時のようなサンセットの時刻、病や痛みを和らげたい者は カフナ(神官)と共にカヴェへヴェへで水浴びをしたそうだ。首にリムカラという海藻で作ったレイをかけて。

 

自分の過去の行いに許しを求め、レイが波にさらわれ自然に体から離れたら 悪いものが除去され、病や痛みも癒されたという。夕陽は、全ての悪いものを持ち去り 海に沈んでいく・・・

 

333 カヴェへウェへからのサンセット

 

カヴェへヴェへ で見るサンセットは、誰もの、心のつかえや悩みを取り去り 海へ沈んでいく夕陽、そんな特別な癒しの力を持つものとなればいいね。

 

 

334 カヴェへウエへから

 

カヴェへヴェへ・・・なんだか、心洗われる場所だった。私の中の悪いものも 少しは除去されたかな?

 

ビーチを、ダイアモンドヘッドの方に向かって歩き出す。

 

ハレクラニの海側には、ほとんど このように歩道が設置されている。私たちがさっきまでいた「ハウス・ウィズアウト・ア・キー」が すぐそこに見える。見事 息を吹き返したキアヴェの木を眺めながら、通り過ぎる。

 

335 ハレクラニの小道

 

ここを通り過ぎると、シェラトンワイキキとの間で歩道が少し、途切れる。潮の加減によっては、打ち寄せる波の引いた時をねらって砂の上を走らなければならない。

 

このビーチ沿いを散歩するのは、とても気持ちが良いんだけど、カヴェへヴェへに行くなら、やっぱり さっき見つけた ハレクラニとアウトリガー・リーフ・オンザビーチの間の抜け道を通る方法もあるのを 覚えておくといいかもね?

 

 

Mahalo

 

 


2017.6 ハワイ48 ハウス・ウィズアウト・ア・キーにフラを見に行く

 

こんにちは! お越しいただき、ありがとうございます。

2017.6ハワイ48 二日目その8 いきます。

 

ハレクラニのフラショーは、テーブル料金$5が必要に・・

 

インタマを出た後、ハレクラニの ハウス・ウィズアウト・ア・キーのフラショーを見に行くことに。

 

316 ハレクラニのフラ.ダンスjpg

 

キアヴェの木の下で夕方5時半ごろより行われる、しっとりとしたフラショー。およそ1年前の嵐の夜、倒れてしまって息絶えたかと思われた キアヴェの木。でも、横たわった幹から新しい芽が出て伸び始めているという噂。どうなっちゃったのか、この目で確認しなくては・・・

 

と、いうわけで17時半ぐらいから始まるフラショーの時間に合わせて、ハレクラニへの道を早足で行く。ロイヤルハワイアンセンターA館(一番西側ね)の角を曲がってレワーズ通りを海の方へ進むと、突き当りがハレクラニだ。

 

 

ワイキキビーチウォ―クを通りかかると、芝生の広場でフラショーが行われていた。ワイキキビーチウォークのフラショーは、火曜日の16時30分〜18時に開催されている。この時は偶然 お目にかかることができた。

 

311 ビーチウオークフラ 

 

動きがキレイにそろっていて、なかなか見ごたえがある。

「もう、ここでもいいんじゃない?」ムードのキャシーさんを引っ張って、また歩き出す。

 

 

ヤードハウスからは、楽し気なさざめきが・・・それにしてもギューギュー詰めだなあ。そんなに魅力的な場所なのかな? 一度、体験してみたい気持ちが芽生える。でも、早足で通り過ぎ・・・

 

313 ヤードハウス (2)

 

 

 

そして、ハレクラニ前に。「Halekulani」と書かれた白壁の両脇から入って行ける。

 

314ハレクラニ

 

 

シンプルだけど気品ある中庭。 全てがハレクラニだな。今年2017年は、ハレクラニ創立100周年だ。

 

328 ハレクラニの中庭

 

 

ビーチ方向に進んで ハウス・ウィズアウト・ア・キー(オープンエアのレストランです)の受付にたどり着いた。

ここで  カクテルかディナーか訊かれて「カクテル」と答えると、ステージに近い前の方の席に案内されるのが、いつものパターンだった。・・・だけど、今回は続けて「ハレクラニに御宿泊ですか?」、「NO」と答えると受付の女性スタッフは両手を小さく広げて さも残念そうなリアクション! 

 

「ええーっ、入れないの?」と一瞬 思ったけど、そうではなかった。

続いての彼女の言葉から単語を拾って推測するに(^^; 宿泊客以外は、$5の席料がかかるようになったらしい。

 

323 キアヴェの木健在

 

$5の席料を承諾して、比較的ステージに近い席へと案内された。

ふと見れば、倒れたキアヴェの幹から噴き出した生命力は力強く、もうこんなに伸びていた。

樹齢130年程と思われるキアヴェの木の生命力に、あっぱれ。

 

間もなく倒れた古い幹をバックにフラが始まった。

若くて美しいフラダンサーは、優雅でしっとりしたフラを見せてくれた。

 

315 ハレクラニのフラ

 

誰もがその様子をとらえようと、カメラやスマホを向ける。

 

でも・・・彼女のフラに全然、不足はないんだけど、ハレクラニに来たら やっぱり カノエ・ミラーさんのフラが良かったなというのが、本音のところだ。現在は、カノエ・ミラーさんの出演は、金・土 のみだそうだ。

 

ハレクラニで40年以上踊り続けるカノエ・ミラーさんのフラ。一度見れば、虜になってしまう人も多い。10年前、我が夫も御多分に漏れず、ハマった。突き出しのポテチを食べ終わると退屈そうな小学生の我が子を連れて 次の日もやってきた覚えがある。

少しでも長くいたい夫は、退屈そうな子供たちにジュースの御代わりを勧める→トイレに行きたくなる→連れて行くのは私?

 

ちょっとイラっとなった何度目かのトイレから戻る途中、なんと出演の合間のカノエ・ミラーさんが向こうの通路から一人で歩いてみえるじゃありませんか?

わわっ、一緒に写真に入ってほしい。でも、とっさに英語が出てこない。な、な、なんて言えばいいんだっけ?

あたふたしてる内に、ミラーさんのお友達が来て親し気に会話を始めてしまった。

 

チャンスだったのになー。気さくなお人柄と言われるカノエ・ミラーさんのことだ。たとえ、めちゃくちゃ英語でも 私が行動を起こしさえすれば、きっと相手にしてくださったことだろう。

あれ以来、私の英会話力は ほぼ進歩してないが 「下手だろうが、自信なかろうが、当たって砕けろ」をポリシーとするようになってしまったかも(笑)。

 

 

来ました、私が注文したブルーハワイと、キャシーさん注文のハレクラニ・サンセット(素敵な名前ね)。ポテトチップスの突き出しも健在です。

 

319 ブルーハワイとハレクラニサンセット

 

共に、$16だが、アルコール抜きで頼んだキャシーさんのハレクラニ・サンセットは$2引かれて、$14となっていた。$5の席料も考えれば、決して安くはないんだけれど・・・ダイアモンドヘッドも望める このシチュエーションだもんね。

 

321 ハウス・ウイズアウト・ア・キー

 

あと、私は夏にしか ここに行ったことがないんだけど、冬の時期にはフラショーの後ろに沈む、まさにハレクラニ・サンセットが楽しめるそうね。それもいいなあ。

ハレクラニ、ハウス・ウィズアウト・ア・キーのフラショー17:30〜20:30です。

 

 

 

Mahalo

 


2017.6 ハワイ47 サンドピープル、アイランド アート&ソール インタマ2階の雑貨屋さん

 

こんにちは! お越しいただき、ありがとうございます。

2017.6ハワイ47 二日目その7 いきます。

 

インタマで 雑貨を見る。サンドピープル と アイランド アート&ソール

 

インターナショナルマーケットプレイスの2階、大きなバニヤンツリーが下から顔を出している辺りで 良さげな雑貨のお店を2軒、発見。

 

 

1軒目は、サンドピープル

 

海をイメージしたセンスのいい雑貨が手に入ることで、すでに名前が浸透している感があるよね。

モアナサーフライダーにも、シェラトンワイキキ、アラモアナS.C等にも店舗があるのに、ここにもオープンしたのね。

 

300 サンドピープル

 

サンドピープルの困ったところは、お値段が相対的に高めなのに、「わあ、これすごく好みだわあー」と思う一味違った品が 必ず一つは見つかることだ。

サンドピープルの罠にハマってしまいそうな人は、この入り口から吸い込まれてはいけません。(笑)

 

 

ほらね、入っていきなり、「このボード、好き」と思ってしまった。

 

291 サンドピープル

 

 

 

けっこう、ポップなのもある。

 

290 サンドピープル

 

 

 

アンティークな感じのも いいな。

 

292 サンドピープル

 

 

でも・・・

 

293 サンドピープル

 

今回ハマりそうになった罠は、このタコの足模様のキッチングッズだった。(他のも、写っちゃってるけど)

タコの足の大皿、イケてるなあー

タコの足カフェマットも、タコの足トレーも・・・

 

ダメダメ!収納するスペース無いじゃんと、誘惑の罠を抜け出してきたけど、いまでも写真で見ると かなり気になるタコ足グッズたちだった。また、逢えるかな?

 

 

ユニークな掛け時計たちも揃っていたよ。

 

294 サンドピープル

 

相変わらず、クオリティーの高いサンドピープル。店内をブラブラ見て、あれこれと迷ってるのも幸せな時間である。

 

 

 

2軒目の雑貨屋さんは、アイランド アート&ソール

サンドピープルの すぐ隣のショップだ。初めて聞くショップ名。

 

299 アイランド アート アンド ソール

 

 

このショップも ハワイらしさ満載でいいなあ。魅力的なコースターがいっぱい。どれもアートって感じで飾っておくのにもいいよね。

下の段にあった小さなボードも ハワイの風景を切り取って持ち帰れる気がして素敵だったな。

 

298 アイランド アート アンド ソール

 

このお店は、価格がわかりやすく表示されているところも 好感度が高い。

 

 

 

わわっ、こんな「バナナの葉シリーズ」もあるんだ

(ザ・バスを降り違えて歩いたカメハメハ・ハイウェイの森の中を思い出すよ。路肩に生えてたバナナの葉、確かにこんな感じだった(^^; )

そんな経験をお持ちでない方も バナナの葉って、一瞬で南国が思い浮かぶアイテムだよね。色がシックなのも使いやすそう。よく見かけるモンステラ柄とは また違った味があるよね。

 

295 アイランド アート アンド ソール 

 

 

 

 

だけど、このアイランド アート&ソールの一番の売りは やっぱりこれかな?

自分で好きなように組み合わせて 購入することができる小さな木片のアート?

 

297 アイランド アート アンド ソール

 

切り込みの入れてあるバーや、サーフボード型に差し込んで飾っておけるようになってる。

アルファベットや数字、aloha、Waikiki、パイナップル、椰子の木 等々の切り抜きの他、ハワイの風景を描いたミニ・ボードも 差し込めるよ。これは楽しー

 

296 アイランド アート アンド ソール

 

 

相棒キャシーさんが選んで連れ帰ったのがこちら。今よく見ると、一つ一つ綺麗なデザインだし、切り口は黒くペイントしてあって立体感が出てるんだね。

 

アイランドアート&ソールで買った

 

うん、アイランド アート&ソール、いいんじゃない? 私の中の気になる雑貨屋さんに 仲間入り決定です。

 

 

2017.6ハワイ48 二日目その8 につづきます。
Mahalo

 

 

 

 


2017.6 ハワイ46 マーティン・マッカーサー インターナショナルマーケットプレイス店

 

 

こんにちは! お越しいただき、ありがとうございます。

2017.6ハワイ46 二日目その6 いきます。

 

マーテイン・マッカーサーは、ハワイアン・コア のミュージアムみたい

 

 

インターナショナルマーケットプレイス2階を お散歩していたら、マーティン・マッカーサーを見つけた。1961年創業のハワイアン・コアウッドの専門店 だ。

インタマ店は 2017年6月2日オープンで、この時はオープンして10日余りの出来立てだったんだね。

 

285 マーテイン・マッカーサー

 

コア・ウッドは、アカシアの一種で  美しい木目と 年月を経るほどに味を増す色合いが魅力らしい。

ハワイ州にのみ自生する固有種で30mほどの高さに育つ大木だ。

コア とは、ハワイ語で 勇気とか勇者をあらわすらしい。

 

マーティン・マッカーサーには、職人さんがこだわりの技術で製作した コア製品が並ぶ。まさにハワイ旅行の記念に ぴったりだとは思うんだけど、なかなか気軽に手の出るお値段ではない (-_-;)

 

それは承知してるんだけど、まるでミュージアムの様に整った  気品ある店内に惹かれて入ってみた。

 

284 マーテイン・マッカーサー店内

 

入り口付近にあった パッと目を引くサーフボード。ハワイの森深くの滝の絵が見事に描かれている。

コア・ウッドって耐水性が強いから、サーフボードやカヌーにも最適なんだってね。

このインパクト大のサーフボードは、実際に波乗りができるサイズだけど、もしも購入したら飾っとくよね(笑)

 

 

 

アウトリガーカヌーの模型も飾ってある (売っている?)。

その昔、神聖な木と崇められていたコアの樹を カヌー等を造るために切り出す際には たくさんの供え物をしたそうだ。昔から大切にされてきたハワイの宝の様な素材なんだね。

 

283 マーテイン・マッカーサー店内

 

アウトリガーカヌーの模型に出ている流れるような木目は、非常に美しくて見入ってしまう。

 

 

 

同様に美しい木目が出てるコアの小物を思い切って(笑)手に入れて 大切に 使い込んでいくのも有りかもね。

 

282 コア・グッズ

 

このフォルムも木目も素敵なホヌさんは、この店のロングセラーですね。

 

279 コアのカメさん

 

私がマーティン・マッカーサーという店名を知ったのは10年以上前のガイド本の特集だった。

その記事に ユニークな ゲッコー(ヤモリ) の形のコア製フックボードの写真が掲載されていた。そのゲッコーが痛く気に入ってしまった私は、いつか、マーティン・マッカーサーに行ってチェックしてみたいと思いつつ、10年以上の月日が過ぎた。

 

ところが、今もちゃんとあったんです、ゲッコーのフックボード!感激だ。

でも、衝撃の$68・・・コア製品ってちょっとしたものでも これくらいのお値段がするんですよね。

 

「せめて、写真を」と、撮ったつもりが写ってない・・・カメラのシャッターを押しきれてなかったようで・・・今回ハワイでは、このミスを連発( ;∀;)

いつか、迎えに行くから、待っててね。ゲッコーさん。

 

 

コア・ウッド製の万年筆とか、スマートフォンケース、腕時計なんかもあったよ。コースターも色々あったけど、コア製かどうかはわからない。

 

280 マーテイン・マッカーサー店内

 

 

ヘザー・ブラウンさんの絵も たくさん置いてありましたね。

 

280 マーテイン・マッカーサー店内

 

 

 

 

それと、クイーンズコートのステージを見下ろせるこの2階のテラスに、コア・ウッド製の ゆり椅子が並んでる。 これは、マーティン・マッカーサー製の物なんだって。(写真は、引き伸ばしすぎてボケてます(-_-;)・・・)

カヌーにも使われるコアだもの、きっと屋外でも耐久性があるんだろうな。

 

マーテイン・マッカーサーのゆり椅子

 

 

マーティン・マッカーサーの店舗は、ここインタマ店の他に シェラトンワイキキ、ヒルトン、アラモアナショッピングセンターにもあるが、コア・ウッドの家具まで置いているのは、唯一の路面店で広さのある ワードセンター店だそう。数十万円するそうだけどね (^^;

 

ハワイの王族が愛したという、コア・ウッドの家具も ちょっと眺めてみたいね。

 

 

 

2017.6ハワイ47 二日目その7 に続きます。

Mahalo

 

 


2017.6 ハワイ45 インタマでクイーンエマ一家に再会、ツリーハウスも寄ってみた

 

こんにちは! お越しいただき、ありがとうございます。

2017.6ハワイ45 二日目その5 いきます。

 

インターナショナルマーケットプレイスはオアシスみたい

 

カネオヘ へのオプショナルツアー後、着替えてインターナショナルマーケットプレイスに繰り出した。

 

276インタマのバニヤンツリー

 

カラカウア通り沿いの入り口から入ってすぐ、樹齢150年と言われる 仙人みたいなバニヤンツリー。

その幹の間をかいくぐるように設置された2階からの通路は、ツリーハウスへと続いている。ツリーハウスと言っても、下からしっかり支えられており お爺さんバニヤンツリーに しんどい思いをさせてはいない。

後で2階に上がって、ツリーハウスにも行ってみよう。

 

まずは、真ん中を流れる小川に沿って 奥へと進む。南国風の植栽が豊富に施され、オアシスみたいな空間だ。ベンチやチェアーも多くあり、一息つくのにもいい。

 

しかし、ホントに お洒落なショップばっかりになっちゃったなあ。お馴染みのクッキー店を見つけて、ほっとする始末だ。

 

 

クヒオ通り側の入り口に近いところまで進むと、クイーンズコートと名付けられた緑の芝生の広場がある。芝生やユニークな石のベンチに座って観賞できる こじんまりとしたステージも設置されている。

 

277インタマ ステージ

 

 

そのステージの脇には、なんとエマ王妃の銅像。両手に一輪ずつ持つのは、天国の薔薇という意味を持つロケラニの花かな? そして、エマ王妃の視線の先には・・・

 

278 エマ王妃

 

 

4歳で亡くした息子アルバート王子と、その翌年にこの世を去った夫 カメハメハ4世の姿が。

アルバート王子の足元にいるのは、一家の肖像画にも描かれた愛犬だろうか?

 

父子 (3)

 

ステージを挟んで このように向かい合っている。エマ王妃の気持ち、届くといいな。

 

277 カメハメハ4世とエマ王妃 矢印と名前


この前日にダウンタウンの歴史地区を歩いて、カメハメハ4世とエマ王妃にゆかりのある セントアンドリュース教会にも行った私達には、思わね再会でもあった。

 

この御夫妻は、外からやってくる病気に免疫のなかったハワイ原住民のために病院を造ることに尽力したことで知られる。その病院は今もクイーンズ・メディカル・センターとしてサウス・ベレタニア通りに残っている。

(その一方で、カメハメハ4世は 瀕死の床にあったアルバート王子の回復を願って パンチボールの丘での最後の生け贄を命じたという黒歴史?も・・・)

 

でも クイーンエマ、どうしてここに?

 

それは、このインターナショナルマーケットプレイスの立つ地は エマ王妃が所有していた土地だったから。今はクイーンエマ財団というところが管理しているらしい。

 

 

 

このインタマのクイーンズコートのステージでは、毎日 日没の時間ごろに(季節によって変わるらしい)フラショーをやってるみたいだよ。

クイーンズコートの すぐ脇(クヒオ通り側の出入り口近く)に インタマのフードコート「THE STREET」も見つけたから、夕食を取りがてら フラショーを見に来るのもいいな。

「THE STREET」の中をぐるっと一周してみたんだけど、グルメなフードコートって感じで期待できる。

 

エスカレーターで 2階に上がってみた。2階にもベンチがたくさんあるし、2階からでもステージが見渡せるね。

 

287 インタマのステージです

 

 

 

2階の通路を バニヤンツリーのあるカラカウア通り側の方へ戻る。下を覗くと、こんな風だ。 あ、あれは 私のお気に入りのチェアーだ。

 

289 インタマ2階から

 

 

 

2階ができたことで 見上げるばかりだったバニヤンツリーさんに こんなアングルから対面できちゃった。かなり、新鮮・・・

 

288 バニヤンツリー

 

 

 

この通路を通って、ツリーハウスに行けるのだ。

 

302 インタマ ツリーハウス

 

みんな、ちょっと覗いてみたくなるよね、やっぱり。

 

304 インタマ ツリーハウス

 

 

ツリーハウスから見たバニヤンツリーの幹。超至近距離〜でした。

 

303 ツリーハウスの窓から

 

 

 

 

またまた、エスカレーターで3階にも上がってみた。

3階は、「グランド・ラナイ」と名付けられたレストラン街となっていた。

ゆったりとした空間に、テラス席付きのレストランが何軒か・・・

 

306 インタマ

 

 

ん? これは イーティング・ハウス。 あのロイズのロイ・ヤマグチさんのお店だ。

こちらは、カジュアルレストランということで そのうち、トライしてみたいもんだ。

 

308 インタマ イーティング ハウス

 

グランド・ラナイには、他にもステーキ、ラーメン、和食、ピザ、飲茶、シーフード等、様々なレストランが開店したらしい。

 

 

次回は、インターナショナルマーケットプレイスで 気になって寄ってみたショップを紹介です。

 

 

 

Mahalo


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

profile

search this site.

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ハワイ旅行記+ハワイ情報のブログ、始めます。
    ケイト
  • ハワイ旅行記+ハワイ情報のブログ、始めます。
    みみ

links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM