全米5位の人気 クアロアランチを覗いてみた、ノースシェア左回りザ・バスの旅

 

こんにちは!2016.12ハワイ27 三日目その5いきます。

 

人気アトラクション、全米5位の クアロアランチ  期待が膨らむ

 

クアロアリージョナルパークから、クアロアランチのビジターセンターまで歩いて10分かからなかった。

 

クアロアの馬

 

道の途中で草を食べてる馬に会える。

コオラウ山脈と、澄んだ空気。この辺りを歩くのは本当に気持ちがいい。

 

クアロアランチのHPによると、この土地は、カメハメハ3世の相談役だったという 初代オーナー ゲリット・P・ジャッド氏が、1850年に1300ドルで王家から譲り受けたそうだ。

 

(1300ドルって、当時のお金の価値はわからないが安価すぎない? 622エーカーだよ。と、もう一度確認したが、やっぱり1300ドルと書いてある・・・)

 

 

その息子の代からサトウキビの栽培をはじめ、オアフ島初のサトウキビ精製工場もできた。

しかし、順風満帆にみえたサトウキビ栽培は干ばつに見舞われ壊滅、1871年には サトウキビ工場も閉鎖されたという。

 

クアロアランチサトウキビ畑の名残

 

ビジターセンター前におかれた これは当時サトウキビ精製に使われた器械かしら?

横に説明書きがあったが、「ああー、英語かあー」とあきらめた。

でも、sugarって単語があったから きっとサトウキビ関係だよね?

 

クアロアランチのアクティビティーの1つ 「映画ロケ地ツアー」に参加すると、サトウキビ精製工場跡も見ることができるみたいだよ。

だけど、私たちが航空券を取った旅行の1か月前には既に満席だった。オフシーズンだったのに 人気なんだね。

 

でも、この後ビジターセンター前からザ・バスで北に向かうとき、出発してすぐ左手、 クアロアランチの敷地内に古ぼけた煙突と壁の一部が見えたんだよね。一瞬で通り過ぎてしまったんだけど、あれが きっと サトウキビ精製工場跡じゃないかな?

 

(グーグル・ストリートビューから、お借りしました。まさに、ザ・バスから見えたとおりの風景だ。)

 

 

 

 

 

クアロアランチビジターセンター

 

ここが、クアロアランチのビジターセンター、自由に入場できる。

喉がカラカラの私達も 入って右手の飲食コーナーでコーラを買って一休みだ。

 

 

 

ビジターセンターの裏側に出てみる。

 

クアロアランチ馬2

 

クアロアでは 1900年代になって牧畜をはじめたが、第二次世界大戦中は軍の基地になった。

戦後、持ち主に戻され 1970年代には乗馬施設が できたそうだ。

1980年代には他のアクティビティーもでき、現在の姿になったという。

 

今では、全米人気アトラクション第5位だ(2017年)。もちろん ハワイでは、全米20位のハナウマ湾に大きく差をつけて1位の人気である。 

そのせいかな、アトラクションの料金も 以前に比べて大幅に値上げされたような気がする(-_-;) 

 

ハリウッド映画のロケ地としても有名だもんね。これは、早めの予約が必要だったな。もちろん、入場は無料だから 今回の私たちのように 見学だけでも結構楽しめる。

 

クアロアランチ馬3

 

最後に、HPで知った「チャンスの神様」にお会いして帰りたいな。どこだろう?

 

スタッフの女性に片言英語で聞いてみる。素敵な笑顔の対応だが、どうしても私の質問を理解してもらうことはできなかった (-_-;)

この時はザ・バスの時間も迫っててあきらめることに。

 

帰国してからもう一度調べてみると、今はビジターセンターより徒歩1分のランチハウス裏のガーデン内にいらっしゃるようだ。

ホヌに乗った前髪しかないチャンスの神様。

次回は、ぜひ お目にかかってチャンスとパワーをいただきたいな。

 

風景クアロアランチ

 

次はアクティビティーにも参加したい。クアロアランチ、すごく清々しい場所で気に入ったから きっと また来ることになると思う。

 

さあ、また カメハメハ ハイウェイに出て、ザ・バスに乗り込むことにしよう。

 

 

2016.12ハワイ28 三日目その6につづきます。

Mahalo

 


 


チャイナマンズハットを望むクアロア リージョナルパーク

 

こんにちは。2016.12ハワイ26 三日目その4です。

 

チャイナマンズ ハットが近くに見えるクアロア リージョナルパーク

 

やっとたどり着いたクアロア リージョナルパーク。

バスを降り間違えたりしなければ、簡単に行き着いていたはずです。 

だって、パーク沿いに 2か所もバス停があるんですもの ( ̄∇ ̄;)

 

3クアロアパーク

 

広々とした緑の芝生の向こうに、ぽっかり浮かぶチャイナマンズハット(モコリイ島)

 

2クアロアパーク

 

昔々、クアロアがサトウキビ畑だったころ そこで働いていた中国人の帽子に似てたので、チャイナマンズハットと 呼ばれるようになったとか。

 

火の女神ペレの妹ヒイアカが、オオトカゲを退治して尻尾を海に沈めた。

それが、モコリイ島(小さな島の意)と なったという伝説もある。

 

地元の人は歩いてチャイナマンズハットまで渡ったりするようだ。驚きー。

 

 

パークより2

 

海と反対側を見ると、道路の向こうにコオラウ山脈がせまっている。

前回ハワイのツアーガイドさんに「ハワイの魅力は海ばかりでなく山にもある」と聞いたというキャシーさんは、今こそとコオラウ山脈を堪能している。

 

アメリカ本土の人 対象のツアー?のバスが止まって、降りてきた白い人、黒い人。

それぞれ、私たち日本人よりダイナミックに感想を表現し、海に山にカメラやスマホを向けているように思える。

そういえば、クアロアは、全米でも人気の高い観光スポットなんですってね。

それにしても、アメリカ人もオプショナルツアーで回ったりするんだなあ。

 

 

道路を渡ってコオラウ山脈をアップ。

 

クアロアコオラウ山脈

 

このクアロアの地は元々は王族の所有地で、一般の人々の立ち入りは禁止されていた神聖な土地だそうだ。

 

クアロアランチが見える

 

山脈の向かって右端にクアロアランチのビジターセンターが、見えている

ビジターセンターへの道の入口付近にもザ・バスのバス停はあるが、クアロアリージョナルパークから、すぐなので歩いていくことにした。

 

それにしても、あんなに歩いたのに あんまり疲れてないなあ。

オアフ島屈指のパワースポットの力が効いてるのかしら。

 

 

2016.12ハワイ27 三日目その5につづきます。

Mahalo

 

 

 

 


ザ・バスでクアロアへ 降り間違え、カメハメハHWYの山道を90分歩く

 

こんにちは! 2016.12ハワイ25 三日目その3です。

 

ノースシェア左回り ザ・バスの旅  やっちゃった、降り間違え

 

なんとか、ザ・バス55番に乗り込んでノースシェア左回り一周の旅に出た私とキャシーさん。

バスは、街を抜けて 山間部のパリ・ハイウェイを走っていく。

 

今、オアフ島を南北に走るコオラウ山脈を西から東に登ってるところ。

コオラウ山脈って、横に切ると30°、90°、60°の三角定規みたいな形なんだって。

ホノルルの方から登っていく道は緩やかで、東側は険しい崖といったところか。

   2コオラウ山脈

ちなみにパリ・ハイウエイでは トンネルを抜けた辺りが、三角定規のてっぺんかな。

55番バスがトンネルを抜けると、左の窓から 遠く下方に海が見渡せる。

私達が今から立ち寄る チャイナマンズハット(モコリイ島)が海に浮かんでいるのも小さく確認した。

 

 

 

ここからは下り坂、険しい傾斜をピンカーブのような旋回で逃しながら?下っていく。

この辺りまでは、昨日乗ったカイルア行きのバスと同じだ。

 

55番バスは、ここから左に曲がり カメハメハ・ハイウェイに入り海沿いに北上する。

コオラウ山脈を左手に 森を抜け街を抜けると、右手に海が見えてくる。

道のすぐ際に海が現れたり、小さな海沿いの町を抜けたり、緑も豊か。

ザ・バスの車高の高さも手伝って、窓からの風景を楽しみながらのバスの旅は ホントいい。

 

時々見える海の先に、ついに小さくチャイナマンズハットが見えるところまできた。

降りるところが近づいてきたか。

 

クアロアランチの1つ手前のクアロア リージョナルパーク沿いのバス停で降りてチャイナマンズハットをカメラに収めたい。うまく降りられるかしら?

乗るより降りるのが難しいと、言われるザ・バス・・・ドキドキ

 

この緊張がいけなかったのか、

グーグルのストリートビューで見て記憶しているクアロア リージョナルパークが見えたら降りるつもりだった。

ところが、どうやら ずっと手前のワイアホルビーチパークをクアロア リージョナルパークと思ってしまったらしい。

 

降りる合図の窓際の紐を引いてしまってから、「あれっ、なんか違うかな?」と感じたが、前方にクアロアランチらしき山肌も見えてるし、「ここから歩いても たいして かからないだろう」と、降りてしまった。

 

これが、大間違い!

歩けど、歩けど、前に見えるクアロアランチの山肌は近づいてこない。

 

私達がバスを降り違えて、歩いたと思われるところ

 

バス停をいくつか通り過ぎて、すっかり森の中だ。

我が家にある「ハワイの森の癒しの音」っていうCDにそっくりの鳥の鳴き声が聞こえてくる。

町中と違って、歩道部分が とても狭くて 時々なくなる!こわい。

 

まだまだ歩くと、左側に突然現れた建物。

Coral Kingdom (コーラル キングダム) っていうレストラン兼お土産屋さんらしい。

窓際にずらっと並んだ白い大きな貝殻が印象的だ。

 

362 コーラルキングダム2

(この写真は、2017年6月にザ・バスで通った時 思わず懐かしくて撮ったものを追加しました)

 

前で休憩中の従業員らしい赤いロングムームーのおねえさん?二人発見。

「クアロア リージョナルパークまで、あとどれ位か聞いてみようよ」と、近づく。

 

日本語ペらぺらのおねえさん達?は、気さくで

「車だと、すぐだよ。おねえさん達、歩いてるの?強いねえ」

(私達の年代の見知らぬ女性同士では、おねえさんと呼び合うのが礼儀なんだろうかね?)

 

「クアロアリージョナルパークでは盗難とかあるみたいだから、気を付けてねー」と、見送ってくれた。

しかし、後で調べたら、ここはまだ私たちの歩いた道のりのちょうど中間地点だった。

 

 

 

少し歩くと、「これ、バナナじゃない?」と、キャシーさん。

 

バナナ

 

路肩に普通に生えている。

 

バナナ2

 

これを機に、やっと写真を撮ることを思い出した。

こんな風に実がつくんだな、バナナ

確か、この辺りで次の55番バスに抜かされてしまった。(-_-;)

 

 

めげずに まだ、まだ歩くと、右手に シャトルバスや観光バスが出入りしている所が。

 

 

なんだろうと見ると、マカダミアナッツファーム

キャシーさんは、前にツアーで寄ったことがあるそうだ。

名前は聞いたことあったけど、まさか歩いて通りかかることになるとは・・・

 

 

 

まだまだ歩くと、やっと近づいてきた。

 

山肌

 

山肌が美しいな

 

 

 

 

そして、

クアロアリージョナル

 

クアロア リージョナルパークに ついに到着だあー

チャイナマンズハットが、近くに見える公園だよ。クアロアランチも すぐそこ。

 

ここまでザ・バスを降りてから1時間半、歩いた。

グーグルマップで見ると、徒歩56分となってるけど、これはきっと、足の長いアメリカ人を基準にしてるに違いない。

 

 

のちに キャシーさんは、「オプショナルツアーの1つみたいで面白かった」と言ってくれたけど、もう同じような状況は決して作り出したくないな (^^;

実は、私もこの行程を けっこう楽しんでたかも。

でも。後で考えれば、無事 何事もなくたどり着けたのはラッキーだったとも思う。

 

歩道?は狭くて車が追い抜いて行くたび怖いし、治安だってよくないかもしれない。

季節によっては、熱中症の危険もあったかもしれないし・・・

 

 

今度、ザ・バスの旅をするなら、降りたいバス停名(今回ならKamehameha Hwy + Kualoa Regional Par)をしっかりメモしていって バスの電光掲示板で確認してから、紐を引こう。

そうか、運転手さんにメモを見せて教えてくれるようお願いしておこう。

 

 

クアロアパーク

 

チャイナマンズハット(モコリイ島)やっと会えたよ(笑)

 

 

 

2012.12ハワイ26 三日目その4に続きます。

Mahalo

 

 

 

 

 


2016.12 ハワイ24 ザ・バスでノースショアー一周 左回りの旅に出発

 

こんにちは! 2016.12ハワイ24 三日目その2です。

 

ザ・バスで ノースショア一周に出発です

 

三日目は、アラモアナショッピングセンターから55番バスに乗って 左回りにクアロア、ノースショアー方面を一周する予定です。ノースショアーのハレイワからは、52番バス アラモアナ行で アラモアナショッピングセンターに戻ります。

一度、やってみたかったんだよね、このコース。でも、うまく実行できるかしら?

ドキドキわくわくしながらの出発です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2016年のこの時、ザ・バスの料金は改定前で $5.5で1日乗り放題のチケットは ありませんでした。$2.5でチケットを買い、2時間O.Kのトランスファーチケットをもらうも、時間切れになって3、4回$2.5のチケットを買ったと思います。それでも十分 安いと思ったのですが、ワンデイパスの登場で $5.5で一周してこられるようになったんですもの。ザ・バスを使った長い道のりの旅は、益々 お得になりましたね。(2018年1月追加)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

まずはアラモアナに行くため、クヒオ通りのバス停から7:50の8番バスに乗りたい。(ザ・バスの時刻は変わっているかもしれません。ご確認ください。)

8番バスは、アラモアナショッピングセンターの海側を通り 回り込んで山側まで行ってくれる。

 

55番バスの始発は山側からなのだ。

1時間以上乗るので席を確保したい、できたら海が見える右側の席がいい私たちは、始発のバス停から55番バスに乗りたかった。

 

でも、クヒオ通りフードパントリー前で待っても 逃したのか遅れているのか8番バスは来ない。

 

 

2番バス

 

長ーい、2番バス。でも、これには乗らない。

 

 

 

ダックツアー

 

ダックツアーの車だあ、面白そうだな。

 

 

来ないなあ、8番バス。仕方なくアラモアナショッピングセンター海側には止まるバスに乗る。

(19、20、23、42、Eのどれか。覚えてないけど、どれもアラモアナの海側に停車する)

 

アラモアナ海側で降りた私たちは、すかさず、山側に移動。

ところが、二人とも方向音痴の私達には、これが簡単なことではなかった。

ぐるぐる回ってようやく、山側コナ・ストリート沿いのバス停群エリアにたどり着く。

 

ゼイゼイいいつつ、55番の表示の下に行くと、10名程が待っていた。

ベンチに座ってた日系人らしきおじさんに声をかけられた。

「ノースショアーに行くの?1時間くらい待たなきゃ来ないよ」

!ホントだ、乗るはずだった8:57は過ぎている。

 

近くにいた白人男性も「ノースショア?」と、割って入る。

こちらは英語だ、55番がなんとかと言ってるが聞き取れない。

 

手に持ってる干しマンゴーの袋を「1つ、どう?」と、差し出してくれる。

「サンキュー」、口に入れるが うーーん、そんなに美味しいものじゃないんだな。でも、嬉しかったよ。

横で 用心の良いキャシーさんが、干しマンゴーを固辞している(笑)

 

と、してる間になんと、55番バスがやって来て止まった。

なんだ、始発点から遅れてんじゃん (-_-;)

ゆるーいハワイのバスに乗り込み、右側の席も確保し、ノースショアにGO!

 

この先、とんでもない失敗が・・・

 

 

 

2016.12ハワイ25  三日目その3に続きます。

Mahalo


2016.12 ハワイ23 いやす夢のスパムむすび

 

こんにちは。

2016.12ハワイ23 三日目その1です。

 

朝一番にいやす夢にスパムむすびを買いに行く

 

朝6時過ぎに起きる。今日も朝から動くぞ。雨降ってない、よかった〜。

まずは、ホテルから近いアクアパシフィックモナーク1階のいやす夢モナーク本店にスパムむすびを買いに行く。

 

いやす夢

 

いやす夢モナーク本店。6時から20時まで。

本店というけど、こじんまりしたお店 でも、入って右側にはイートインスペースもある。

スパムむすびの種類、多−い。普通の日本のおむすびもある。

サラダか味噌汁がついてくる牛丼もあるみたいだ。

 

いろんな方が美味しいと口コミしてる 梅スパムむすびを買ってみる。

少し待ってると、あったかいのを握ってくれた。

 

梅スパムむすび

 

けっこう、大きい。私のげんこつくらいある。

 

ホテルに持ち帰って食べる。うまい、

前回家族ハワイでも何度か 他で買ったスパムむすびを食べたけど、やっぱり、ご飯が違うんだよな。

 

今度は、アボガド入りのも食べてみたい。

そういえば、もうすぐ あのインターナショナルマーケットプレイスの中にも、開店するようだ。

5月15日だって。もうすぐじゃん。

あのインタマの バニヤンツリーの下の素敵なチェアーで食べるのもいいな。

 

 

スパムむすび といえど、おむすびの仲間、やっぱり ご飯で差がつくと悟った私たちは、帰国してから、コストコの20%減塩スパムと日本のご飯で せっせとスパムむすびを作る。

1缶を8枚に切って、フライパンで油をひかず こんがり焼いたスパムをのせて握り、海苔で帯をする。

家族にも すこぶる好評だ。

 

コストコのスパム缶

コストコのスパム缶

 

我が家の最寄りのスーパーでは、スパム缶1つ580円くらいする。

コストコだと、1缶400円ちょっとだが、6缶セットになっている。

ハワイでは、1缶 $2程度からあるそうだ。

次回のお土産リストに載せなければ・・・重いかな。

 

 

 

2016.12ハワイ24 三日目その2に続く。

MAHALO

 

 

 

 


2016.12 ハワイ22 キングスヴィレッジ健在?

 

こんにちは。

2016.12ハワイ22 二日目その10です。

 

夜のキングスヴィレッジ

ディナークルーズから帰った私たちは、夜のワイキキをブラブラすることに。

プリンセス・カイウラニホテルの東側にでると、キングスヴィレッジだ。

 

キングスヴィレッジって、カラカウア王の邸宅跡地にあるんだよね。

存在は知ってたけど、来たことはなかった。

そのうち、取り壊して高級コンドミニアムになると聞いていた。

一度も行かないうちに姿を消してしまうのね、行っておけばよかったと、思ってた。

 

ところが、建築費用の高騰で見通しが立たなくなったらしく、キングスヴィレッジの解体は引き延ばされ、私もお目にかかることができた次第である。

 

キングスビッレッジ

 

なかなか、趣のある建物。(すみません、まともな写真がない)

ここは確かに立地が良いが、これを壊して高層ビルを建てるなんて全然つまらん と、おばさんは思う。

 

月、水、金、土の16時〜21時には、小さなファーマーズマーケットも開かれている。

私達が行ったのは月曜日だったが、21時に近く ファーマーズマーケットは片付けの最中だった。残念

 

1階のフランクな感じの土産屋さんでアクセサリーを見ていると日本人?らしき女性店員さんが声をかけてきた。

買い渋ってると、値段が下がってきた。「じゃあ、1つ$10と税金ね」

 

海のペンダント

 

てことで 3つも買ってしまった💦

海みたいな色の 貝殻みたいな質感のペンダント。

 

2階にも上がって迷路みたいなキングスヴィレッジを巡ってみる。

空き店舗になっちゃってるスペースもある。

 

 

ハワイアンキルトを置いている店もあった。

ハワイアンキルトの製作ってかなり手のかかる作業だ。

有名なハワイアンキルト専門店や日本で買うと、小さな物でもかなり高額。

 

でも、ここでは手ごろな値段だ。

だけど、よく見ると製作時間短縮を追求した品とも言えるかな。

そりゃ仕方ないよね。

気に入った物があれば、ちょっとしたハワイ気分を持ち帰るにはいいかも。

お洗濯するのも、この値なら悔いはない。ものは考え様だ。

 

 

キングスヴィレッジ、レトロな感じで面白いところでした。

インタマが様変わりしてしまった今、週に4日(月水金土)もあるファーマーズマーケットで食べ物を手に入れ、2階の飲食スペースで食べて 夕食を手ごろに済ますのも有りかな。今度、やってみたい。

 

 

 

2016.12ハワイ23 三日目その1 に続きます。

Mahalo

 


 

 

 

 


2016.12 ハワイ21  マジェスティック号 サンセットデイナークルーズ体験

 

こんにちは。

2016.12ハワイ21 二日目その9です。

マジェスティック号 サンセットディナークルーズ、こんなでした

 

この日は、夕方からサンセットクルーズの予約をトラベルドンキーから入れてあった。

指定された16:05にホテル玄関で待っていると、女性添乗員さんが迎えに来て、近くに止まっている大型バスまで案内してくれた。

 

バスの席は先客でおおむね埋まっており、私たちと同様に近くのホテルから案内されてきた何人かが乗り込むとバスは、出発だ。

 

港に着くと、この船が待っていた。

マジョスチック号

 

マジェスティック号だ。

揺れが少なくて快適なクルーズが楽しめるらしい。

ディナービュッフェで$109。今回の旅行で最高値のイベントである。期待も膨らむ。

 

昔乗ったスターオブホノルルに比べると、小さな船だが新しくて綺麗だ。

 

デイナークルーズ

 

船内も明るくて清潔な感じ。写真の奥に見えているのがビュッフェコーナーだ。

同じフロアにコース料理の客も混じっている。

 

私達と同じテーブルに着いたのは、アツアツの若い韓国人カップルだった。

キャシーさんと私の2ショットを撮ってくれたので 撮ってかえそうとしたら、既に自撮り棒を出して器用に撮りまくっている( ´∀` )

なんか、かわいいー

 

ドリンクのオーダー(ソフトドリンクは無料)が済み、気が付けば船はかなり沖の方に進んでいた。

 

 

ビュッフェ デイナークルーズ 

 

ビユッフェから取ってきた私の皿。あまり種類はないが、おいしかったよ。

 

 

ダイヤモンドヘッド 船上

 

海から見たダイアモンドヘッドとワイキキのホテル群

 

 

 

船上サンセット 

 

何とか、サンセットも 目とカメラに収めたよ。

スターオブホノルルの船も いい具合に写り込んでる。

 

 

デザート クルーズ 

 

テーブルに戻ってデザートを いただく。これも好きなだけ取ってくる。

 

 

この後、屋上のデッキに出て、陸の夜景を眺めていたが 風も出てきて肌寒い。

 

1 マジェスティック号からの夜景

 

でも、光り輝くワイキキの街に見とれてしまう。

 

1 マジェスティック号からの夜景2

 

ダイヤモンドヘッドって 沖から違う角度で見ると、こんな風なんだ。

沖からの夜景、いいもんだなー。

 

 

だけど、やっぱり寒いので船内に戻って、帰港まで過ごす。ちゃんと、カーディガンをはおってたんだけど、12月だったからね・・・

 

港に着くと、またバスに乗り込んでホテルまで送ってくれる。

今日のお楽しみは、終了と思いきや、バスは、ダウンタウンの方へ回り込んで ホノルルシティライツ と呼ばれる市庁舎辺りのクリスマスイルミネーションを見せてくれた。

町中の明かりが点滅するビルや 市庁舎前のユニークなミスター&ミセスサンタ。

 

この時期に来たなら見てみたいと思っていたので、この思わぬサプライズが嬉しかった(^^♪

 

 

 

2106.12ハワイ22 二日目その10に続きます。

Mahalo

 

 


2016.12 ハワイ20 ハワイ王朝末期の王女、プリンセスカイウラニを偲ぶ

 

こんにちは。

今日は 宿泊ホテルにゆかりの カイウラニ王女について書こうと思っていたら、

奇しくも今日5月6日は、カイウラニ王女の命日でした。

(ごめんなさい、王女が亡くなられたのは、3月6日の間違えでした。)たった23年の短い人生でした・・

 

彼女は、ただの南の島のお姫様では、ありません。

プリンセス・カイウラニの人生を知ったら、今とは違う思いでハワイの地を歩くことになるかもしれませんよ。

(と いうものの、共感していただけるように書けるかな)

2016.12ハワイ20 二日目その8です。

プリンセス・カイウラニ

 

ワイキキに戻った私たちは、次の予定までホテルで休憩しようと、宿泊先のシェラトン・プリンセス・カイウラニへ。

 

このホテルのフロント奥の壁は、沢山のカイウラニ王女の写真を組み合わせたセピア色のコラージュで できていいる。幼少期の可愛らしい面影、成長してからの美しい姿、とってもチャーミングな王女様。

ロビーには肖像画も飾られており、このホテルが他にはない特別な場所にあることを印象づけている。

 

カイウラニ王女は、1875年10月16日、カラカウア王の妹ミリアム・リケリケ王女と、スコットランド人アーチボルト・クレグホーンの間に生まれ、すぐにカラカウア家の養女となった。

 

彼女に与えられたアイナハウ(ハウツリーの土地という意味)と呼ばれる地に、父クレグホーンが 家族のため 2階建ての家を建てた。

カイウラニ王女は、そこで幸せな幼少時代を送ったといわれる。

 

プリンセスカイウラニホテルが建つのは、そのアイナハウの入口付近にあたるらしい。

 

スタチューカイウラニ

 

カイウラニ通りには、上の様なカイウラニ王女の銅像もたっている。王女の手前にいるのは 彼女がこよなく愛したクジャクだろう。アイナハウの庭園で すごくたくさん飼ってたみたい。

 

余談になりますが、この銅像の様な優雅なシルエットのロングムームードレスが今も「カイウラニ ファッション」と称してネットで販売されてて、びっくり。

こんな素敵な王女様には、あやかりたくなりますよね。

 

 

もう1つ驚いたのは、

1881年、カラカウア王に連れられて 当時6歳のカイウラニ王女は、なんと日本を訪れていたらしいのだ。

 

その時、カラカウア王は 明治天皇に 13歳の天皇の甥とカイウラニの縁談を申し出た。

ハワイにおける欧米人の勢力が強まる中 日本との縁を深めることで、王朝の存続を守りたかったのかもしれない。

政略結婚ってやつかね?

しかし、明治天皇は「明治新政府にそこまでの余力はない」と、申し出を断ったという。

 

その時にでも贈られたのでしょうか、カイウラニ王女がアイナハウの庭で日本の着物と和傘を身に付けたお茶目な感じの写真が存在する。

 

 

1889年、13歳のカイウラニ王女は、身の安全を守るため カラカウア王の指示で父クレグホーンと共に、島を離れイギリスに留学する。

カイウラニは、イギリスで音楽、語学、歴史、文学などを学び才色兼備の王女として成長する。だが、そのうちにも祖国では、君主国家に反発する白人とハワイアンの争いが続いていたのだ。

 

王女の留学中にカラカウア王は逝去し、王の妹リリウオカラニが女王として即位すると、1893年、クーデターが起きた。暫定政府がハワイ共和国の樹立を宣言、ハワイ王朝は滅亡の危機に。

 

この知らせを受けたカイウラニ王女は、即決して、イギリスからワシントンに向かったのだ。そして、クーデターの不当性とハワイ王朝の存続を訴えた。

王女18歳の時です。

 

「野蛮人の王女が来る」と待ち受けていたアメリカのマスコミは、カイウラニ王女の美貌と教養ある発言に 驚かされたのだ。

王女の登場でマスコミの大多数は、ハワイ王朝の味方となったという(*^^)v

 

当時のクリープランド大統領に、米国軍クーデターの徹底調査を約束させた王女はイギリスへ戻る。18歳ですからね。あっぱれな行動力ですよね。

 

その後の調査により、クーデターの犯罪性が認められ 王朝復活の兆しがみえた。だが、クーデターの首謀者に対し寛大な処置を認めないリリウオカラニ女王と交渉が成立せず 王朝復活は実現しなかったのだ(-_-;)

 

暫定政府にも人気のあったカイウラニを女王にという声もあったようですが、

それゆえにリリウオカラニに、気を使ったカイウラニ王女は、なかなか祖国に戻ることもできなかったようだ。

ああ、ホントに世の中も人の心も複雑・・・

 

1897年、ようやく8年ぶりに愛する祖国に帰国することができたカイウラニ王女。

しかし、その2年後、1899年5月6日 友人の結婚式のためハワイ島に出かけたカイウラニは、乗馬の途中 嵐に遭い 風邪をこじらせ亡くなってしまった。

23歳、あまりに若すぎる死でした。

 

カイウラニの椅子

 

この石のベンチは、アイナハウのバニヤンツリーの下にあった物で今はプリンセス・カイウラニホテルの正面玄関付近に移されている。

 

あの「ジキル博士とハイド氏」や「宝島」の作者ロバート・スチーブンソンが旅の途中ハワイを訪れた時、王族の人たちと懇意になり たびたびアイナハウを訪れたとか。

カイウラニ王女は、このベンチでスチーブンソンの冒険物語を聞き一緒に庭園を散歩しクジャクに餌をやる時間をとても楽しみにしていたそうだ。

 

アメリカやハワイ王朝に翻弄されたとも言えるカイウラニ王女の短い人生。

そんな ほのぼのとした幸せな時間があったんだと思うと、なんだか救われますよね。

 

シェラトン プリンセス カイウラニ ホテルの記事はこちらです。

 

 

 

2016.12ハワイ21 二日目その9に続きます。

Mahalo

 


 

 


 

 


2016.12 ハワイ19 レッドバンブーとホールフーズのデリコーナー

 

こんにちは。

2016.12ハワイ19 二日目7いきます。

カイルアのレッドバンブーと、ホールフーズのデリコーナー

 

レンタル自転車返却時間とトレイルにかかる時間を考えて、カイヴァリッジトレイルは 断念した私たちは、カイルアタウンに戻ることにした。

 

行きと同じ経路で戻り、カイルアショッピングセンターを超えたあたりで 気になってた雑貨屋さんにちょっと寄り道。

 

レッドバンブー カイルア

レッド バンブー

前から、覗いてみたかったこの雑貨屋さんで 自転車返却時間ぎりぎりまで、お買い物を楽しむことにした。

レッド バンブーには、ハワイやカイルア、海を感じさせる魅力的な雑貨が・・

 

店内に入ると、かなり奥域があって見ごたえ充分。

ここにしかないものも多いそうなので、気に入ったら買っておくべきかも(と、悔恨)。

キャシーさんは、玄関に飾る小物とかをゲットしてたよ。

 

レッドバンブーはここだよ。

 

レッドバンブーのすぐ隣にあったアイランド・トレジャーズ・アートギャラリーも いい感じだったよ。もう一度、じっくりと見たいな。

 

 

 

さあ、そろそろ自転車を返さなきゃ。

カイルアバイシクルに自転車を返してから、遅めのランチに。

 

ランチは、ホールフーズの量り売りのデリにしました。

デリコーナーに置いてある容器を目的の大きさで選んで、これまた置いてあるアルミホイルや小さい容器で仕分けしながら、好みのものを選んで詰めていく。

後は、そのままレジに持っていくだけ。

 

デリ、ホールフーズ

 

ごめんなさい、どう見ても おいしそうには見えない写真なんだけど、私めの盛り付けと撮影のセンスのせいでございます・・・

実際には、どれも満足のいく味だったし、深い入れ物なので見かけより、たっぷりある。

 

レジで量ってもらって支払うと、$7.5にしか、ならなかった。

飲み物も一緒に買って、店内のレジ近くの壁際に設置されたテーブル席でいただく。店の外にもテーブル席が設置されていて、そちらでいただくのも気持ちがいいかも。

 

チップはかからないし、

ホットバー、コールドバー、サラダバー、フルーツバー等、多種類のデリコーナーを ぐるぐる回って「これなんだあ?」という珍しい物もある中から 食べたいものを選び出すのは、すっごくおもしろかった。

 

私の中では、リピート決定です。

その時には、自分が盛りつけたものじゃなく、デリコーナーの写真をアップして、ホールフーズのデリコーナーの売上アップに貢献したいです( ´∀` )

 

 

下見しておいたホールフーズでの買い物も済ませたし、またザ・バスでワイキキに戻ります。

 

 

 

 

 

2016.12ハワイ旅行記20 二日目その8につづく。

ホノルル国際空港は、ダニエル・K・イノウエ国際空港に改名ですって。びっくり

MAHALO

 

 

 

 


2016.12 ハワイ18 ラニカイビーチ最高、カイヴァリッジトレイル・バーチャル体験してみませんか

JUGEMテーマ:ハワイ

 

こんにちは。五月晴れ続いてます。

2016.12ハワイ18 二日目その6です。

 

ウホォーー、天国の海だ!

 

ラニカイの石碑から下って、分かれ道を海側に進み、11本あるどの小道を抜けてもラニカイビーチに出る。

砂浜に出るのは、3本目以降だ。さあ、どれにしようかな。

 

 

ウホォーー

 

ラニカイビーチ モクレア島

 

ハワイ語で ラ二(天国) カイ(海)

 

ラニカイビーチ

 

 

 

出口付近には、すこし木陰があって座って一休みの人もいた。

ラニカイビーチでは、けっこう影は貴重なんですよね。

何本目の小道だったか、見忘れちゃったけど、この右側が石垣の小道を抜けたところだよ。

 

ラニカイビーチへの抜け道

 

 

 

他の小道にもチャレンジ

 

2ラニカイビーチへの抜け道

 

今度は、どんな風景?

 

わくわく進む小道。

あ、自転車は小道の入り口の柱に 鍵でとめてきましたよ。

 

小道の入り口には、番号のついた看板が立ってるから、覚えてくればよかったな。

 

 

 

ラニカイビーチ日光浴
 

あ、ここも小道の出口付近には 木陰あり。

外国の方は、老若男女とわずビーチで身体を焼くのが お好きだよね。

私には、シミが怖くてできません(笑)。

 

青い海、双子の島ラニカイ

 

モクルア島 (向かって左がモクヌイ島、右がモクイキ島)

 

カイヴァリッジトレイル 断念したけど、行き方とバーチャル体験いかがですか

 

小道を戻って山側を見ると、あの辺の山の上がカイヴァリッジトレイル

 

見える? ビルボックス

 

山の上に2ヶ所、建物があるのが分かっていただけます?

向かって右から、第一ピルボックス、第二ピルボックス。

山の上から、さっきのモクルア島とビーチ沿いの高級住宅街を見下ろすのも最高。

 

なんだけど、残念、自転車返却時間に間に合うか微妙なので今回は断念です。

ここまで、けっこうゆったりペースで来たからね。

私たちのペースでは、6時間レンタルすればよかったかな。

 

と、いうわけで

方向音痴の私流、迷わないカイヴァリッジトレイルへの行き方だけでも よかったら、どうぞ。

 

ラニカイビーチへの11本の小道のあるモクルア・ドライブから、

(一番カイルアビーチ寄りの)山の方に伸びる道=カエレプル・ドライブをまっすぐ行くだけ。

 

ビーチ側に立つ、外壁に896(番地番号かな)と大きく表示してあるお屋敷の向かいに

伸びているのが、カエレプル・ドライブだよ。

 

カエレプル・ドライブは少しいって、アアラババ・ドライブを横切り 登り坂になる。

右にゴルフ場を見ながら進み、行き止まりの手前の左側

PILL BOXと書かれた小さな看板がある小道から入ってトレイルに進んでね。

 

 

実は今、グーグルマップのストリートビューを見てびっくり。

2017年4月に更新されていて、カイヴァリッジトレイルの上までストリートビューで登って行けるようになってるじゃありませんか!

 

上のグーグルマップの左上、その他のオプションをクリックして地図を広げ、黄色い人型アイコンを  地図上の赤い印 Pillbox Hike にドラッグして

あなたも バーチャル トレッキングを楽しんでみませんか?

 

【2018年9月お詫びと追加】

スマホからは、上記の操作はできないんですね。先日までガラケー愛用だった私は気づきませんでした。ごめんなさい。スマホから見てくださってる方は、下のストリートビューから、ちょっとだけ覗いてみてください。

 

 

絶対、リアルでも体験したくなる見晴らしのよさです。

前回ハワイで登った時には、モクルア島が見えるところまでなら、数分で行けました。

そこからは、家族が皆、ブーツ&キモズ目指して駆け下りて行ってしまったので( ´∀` )体験出来ておりませんが・・・

 

 

 

2016.12ハワイ19 二日目7に続きます。

Mahalo

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

profile

search this site.

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ハワイ旅行記+ハワイ情報のブログ、始めます。
    ケイト
  • ハワイ旅行記+ハワイ情報のブログ、始めます。
    みみ

links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM