2017.6 ハワイ19 カラカウア王もリスペクトしたカメハメハ大王様

 

こんにちは!ケイトです。お越しいただき ありがとうございます。

2017.6ハワイ19  到着日その17 いきます。

 

カメハメハ大王に30年ぶりに御挨拶に行ったら・・

 

初めてハワイに来た時以来、30年ぶりにまじかで見上げたカメハメハ大王像。精悍な顔立ちを眺めていて思い出したことが・・・

 

30年前、ハワイ名所巡りのガイドさんが「この像は、カメハメハ大王じゃなくて もっとハンサムな男性 (当時、イケメンなんて言葉はない) をモデルにたてて作られたものなんですよ。」てなことを、おっしゃってたんだ。

 

今思えば、大いに有り得るな。

どんなに面白いドラマも 演じるのがイケメン俳優でなければ魅力も半減、てとこあるもんな。

 

カメハメハ大王のアップ

 

英雄ハメハメハ大王の容姿はハワイのイメージに大いに影響を及ぼすものなのかも(笑)

ほらね、イケメン大王様の足元には こんなピンクの ❤ 型レイも置かれてたよ。

カメハメハ大王 ファンの仕業かも?

 

❤レイ カメハメハ

 

そんな効果を考えたかどうかは知らないが、

このカメハメハ大王像をたてたのは、かのメリーモナーク、カラカウア王である。

彼は 少なからず、武力、知力、統率力を持ったカメハメハ大王に憧れをいだいていたらしい。

 

ハワイ島のカパアウに生まれたカメハメハ1世は、いち早く英語をマスター。イギリス人をブレーンに付けて西欧の武器を使って マウイ、オアフなどを征服。

カウアイ島には使者を送り戦わずして制圧、1810年にハワイ諸島を統一したのだ。

 

当時、ハワイにやってきた諸国も カメハメハ大王には一目置いていて 彼の生存中はハワイにあまり手出ししなかったというもんね。

カラカウア王がリスペクトしたのも分かるね。 

 

ところで、このカメハメハ大王のブロンズ像、同じものが3体もあるそうだ。

 

カメハメハ

 

ヨーロッパに発注した1体目は、船で運ばれてくる途中 南米沖に沈んでしまった。

同じ鋳型で もう一度作り直した2体目が、今ここにあるカメハメハ大王像である。

 

ところが、30年ほどして沈んだ1体目が発見され、大王の生誕地ハワイ島のカパアウに設置されたそうだ。

それと、もう1体、このダウンタウンの2体目から鋳型をとって作られた3体目が存在する。

なぜか、アメリカ合衆国ワシントンの国会議事堂におられるそうな。

 

そりゃあ、愛するハワイ王国がアメリカに併合された今、政治の手腕に覚えのあるカメハメハ大王としては心配になってアメリカの国会にのりこんだ・・・?

 

じゃなくて、ちゃんと招待されて 国会議事堂のビジターセンターにおられるそうだ。

アメリカ各州から2人ずつ、偉大な功績の方が選ばれ その像がアメリカ合衆国 国会議事堂のビジターセンターに飾られているんだって。

 

ハワイ州代表は、カメハメハ大王と ダミアン神父様(州庁舎前の像の方ね)

うん、妥当なところだね。

もう1人というなら、私ならリリウオカラニ女王 押しだな。(すっかり、ファンです)

 

 

ところで、このカメハメハ大王像の後ろの建物はハワイ州最高裁判所だよ。

 

最高裁判所

 

カメハメハ5世が、宮殿として建てたんだけど完成前に亡くなってしまったんだって。

HAWAII-FIVE-0というドラマの中で事務所として登場するのが この建物らしいよ。

見学してみたかったんだけど、またまた、カメハメハ・デーの振り替え休日で ドアは固く閉ざされていたのだった(-_-;)

 

 

 

2017.6ハワイ20  到着日その18 に続きます。

Mahalo

 

 

 

 

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

profile

search this site.

selected entries

archives

recent comment

  • ハワイ旅行記+ハワイ情報のブログ、始めます。
    ケイト
  • ハワイ旅行記+ハワイ情報のブログ、始めます。
    みみ

links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM