プリンセス・カイウラニ・ホテル 好立地で安価、歴史にも浸れるよ

JUGEMテーマ:ハワイ

 

こんにちは。2016.12ハワイ旅行記12 到着日その11です。(2018.10更新)

 

 

 

シェラトン・プリンセス・カイウラニ・ホテル、こんなでした。

 

やっと、ホテルの部屋にたどり着いたキャシーさんと私。

ホテル予約サイトBooking.comで予約した通り、プールビュー ダブルベッド2台の部屋だった。

 

数あるホテル予約サイトの中からBooking.comを選んだのは、予約画面に 同じプールビューの部屋のなかで ダブルベッド2台か、キングベッド1台かを指定するベッドタイプ選択ボタンが唯一あったからだ。

(これ、ポイント大きいよね?)

 

プールビューの部屋は 28屬函△覆なか広くスーツケース2個を開けても余裕があった。

 

この時はもう暗かったので、次の日カーテンを開けると、こんな景色が現れた。

ワイキキの貴婦人とも呼ばれるモアナサーフライダーの優雅な姿も垣間見えて、いい感じ。

 

プールビュー

 

私たちの部屋は、3階でしたが、この建物プリンセスウイングの高層階プリンセスオーシャンビューの部屋からは モアナサーフライダー越しに海が見えるのだ。それって ビーチ沿いに建つホテルから以上に 趣があって素敵なオーシャンビューかもしれないよね。

いつか体験したいな。

 

プールの向こう側には、カラカウア通りに直結の出入り口があるので とても便利。 夜も暗い場所を通る心配もなくホテルに帰ることができて 安心だ。

 

 

 

ラナイに出てみる。

 

カイウラニホテル

 

プールビューのラナイは、狭めですねー^_^;  何とか座れるけど、ぎりぎりで身動きが取れない。「ラナイで朝食」は、ちょっと無理があるかも・・・・

チェアー2脚とテーブル1台がラナイに備え付けられているのだが、活かしきれてない感じで ラナイ好きの私としては、ちょっと残念だったな。

ラナイからの見晴らしは 合格点なんだけどなあ。

 

そうそう、プール・サイドでは 午後6時ごろと午後8時半ごろから 日替わりでハワイアンバンドのライブやフラショーがある(2018年10月確認)。 「プールビュー」や「プリンセス オーシャンビュー」の部屋ならラナイから楽しむこともできるね。(ちょっと狭さを我慢すれば・・・(笑))

 

さておき、

ラナイから 左を見れば ハイアットリージェンシーが そびえ、

   

ハイアットリージェンシー


 

右を見れば、このホテルの アイナハウ・タワー棟が そびえている。

 

 

 

プリンセス・カイウラニ・ホテルは、

 

私達が泊まったプール正面のプリンセスウイング 

プール側の部屋は28屐▲薀淵ど佞。 裏側の部屋は19屐▲薀淵い覆掘

 

プリンセスウイングに垂直にそびえるアイナハウ・タワー

26屐▲薀淵ど佞 洗面台が他の棟より広く使いやすそう。このホテルで一番新しい建物だ。

 

カイウラニ通りに面したカイウラニウイング 

21屐▲薀淵ど佞

 

の、3つの棟から、なっているのだ。

 

カイウラニホテル

 

宿泊料金も考慮の上、私たちはプリンセスウイングの低層階に位置するプールビューの部屋を選んだんだけど、快適だった。海こそ見えないものの ハワイらしい景色が開けていて充分 満足だ 。

 

新しいホテルではないが、部屋も清潔で気持ちよく過ごせる。

カラカウア通りが目の前という立地もいうことなしで、女性だけの旅にも安心だ。

 

この立地からすると、宿泊料金は とても リーズナブルだと思う。

 

チェックイントラブルで すっかり遅くなってしまった私達だったが、

プールの向こうの出口から、サッとカラカウア通りに出て 夕食もショッピングも

思う存分に楽しむことができたよ にこ

 

 

 

カイウラニ 王女ゆかりのホテルだよ

 

もうひとつ、このホテルの特筆すべき点は、ハワイ王朝の末期に生きたカイウラニ王女のゆかりの地に建っているということ。カイウラニ王女が幼少時代を過ごした アイナハウ と呼ばれた土地の一部だ。

 

せっかく このプリンセス・カイウラニ・ホテルに泊ったなら是非 探してみていただきたいものがある。

ホテルの正面玄関付近に 置かれた、この石のベンチだ。

 

アイナハウのカイウラニのベンチ

 

殆どの宿泊客が 何の気なく前を通り過ぎる このベンチこそが、遠い時代 少女だったカイウラニ王女と 放浪の作家ロバート・スティーブンソンが 並んで語り合ったと言われるシロモノだ。

 

あの「宝島」の作者 スティーブンソンが話してくれる冒険談を聞く少女のワクワクに思いを馳せてみよう。

ホテルに出入りのついでに ちょっと腰を下ろして このベンチが まだアイナハウの広い庭園、バニヤンツリーの下にあった時代にタイム・スリップできる。

 

 

 

ホテルのチェックインカウンターの後ろの壁も 独特でとても印象に残る。

カイウラニ王女の幼少期からの写真がセピア色のコラージュになっているのだ。

 

 

それを見ると、カイウラニ王女は、ほんとに 気品と愛らしさを備えた美人さん。

2009年に上映された英・米 合作の映画「プリンセス・カイウラニ」で王女を演じた女優さん以上に美しい方だったんだと思う。

 

でも、カイウラニ王女って ただ美しいだけの王女様ではなかったんですよ・・・

愛するハワイ王国のために 勇敢に一肌脱ぐ、頼もしい一面も。

 

このホテルの名前にもなっている カイウラニ王女の記事は、こちらです。

 

 

 

 

シェラトン・プリンセス・カイウラニ・ホテル まとめ 

 

  • ワイキキの ド真ん中、カラカウア通りに直結した出入り口があり、便利で安心。
  • クヒオ通りにも近く、トロリー、ザ・バスの利用にも便利な立地。
  • オン・ザ・ビーチではないものの、この申し分ない立地にして、リーズナブルな価格。
  • ただし、ホテル予約サイトに表示される料金に加えて、1室につき1泊34、55ドルのリゾートフィーがかかる。
  • シェラトン系列のサービス(リゾートフィーに含まれる毎日一人1本部屋に置かれるボトルウォーターは重宝する。(手を付けなければ、新しいものを置いて行ってはくれないらしい)
  • ハワイ王朝の主要登場人物の一人、カイウラニ王女を身近に感じる環境

 

 

どこに行くにも、何をするにも とても動きやすい立地。それなのに 比較的リーズナブルな価格で利用できる、おススメのホテルである。女子旅にも、お子様連れにも、初めてのハワイにも いいと思う。

 

それに、このホテルに宿泊したことで ハワイの歴史にも ちょっぴり興味を持った私は、ますます ハワイを歩くことが楽しくなるという効能もあったんですよ(^▽^)

 

 

 

 

2016.12ハワイ旅行記13 2日目1につづく

MAHALO

 


 

 

 

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

profile

search this site.

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ハワイ旅行記+ハワイ情報のブログ、始めます。
    ケイト
  • ハワイ旅行記+ハワイ情報のブログ、始めます。
    みみ

links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM