ABCストア、創業100周年! 日系人一家のオハナな経営方針

 

 

こんにちは! お越しいただき、ありがとうございます。

2017.6ハワイ40 到着日その38 いきます。

 

ワイキキにひしめく ABCストアの不思議

 

キングスビレッジ・ファーマーズマーケットで夕食を調達した私達はホテルに向かっている。

「そうだ、飲み物もほしいな・・・」

と、思ったその時に すぐそこにあるのが 他ならぬABCストアなのだ。

 

しかも、滞在時の必需品から お土産まで 大概のものは、ここでそろうよね。

早朝から深夜まで営業してるから、買い忘れても安心だ。

 

ABCストア 酒類

(写真は、朝 ワイキキ到着時に撮ったものです。以下、同様)

 

でもさ、ワイキキだけで40店舗弱、こんなにひしめきあってて経営不振に陥る店舗とか出てこないの? 日本のコンビニは、あんまり近くにできると弱い方がつぶれちゃったりするよね。

余計なお世話だが、気になったおばさんは ABCストアについてググってみる。

 

ABCストア 酒類

 

と、なるほどー

ABCストアは、日本のコンビニのようにフランチャイズ経営じゃなかったんだ。

 

今では、900人もの従業員をかかえるABCストアは、日系人のコササ・ファミリーによるファミリービジネスで各店舗にマネージャーを置いて経営してるらしい。

経営者のコササ・ファミリーは社員にオハナ(家族)のように接する。ABCストアの業績が良くないときも社員の一時解雇とか一切しない、賃金カットは経営陣を対象だという。

 

そんな経営者の元、ひしめき合うABCストアの店舗同士は ライバルであっても 食うか食われるかの敵ではなく、オハナなんだね、きっと。 退職後も交流があるという。

 

ABCストア 衣類

 

ABCストアの前身は、岡山県からの移民 モリタ・コササ  と、妻ミツエが、カイムキで始めた食料品店「コササ・グローサリー」、1917年創業。今年2017年は、創業100周年だ。🎊

 

コササ夫妻の息子シドニー・コササは、薬局も経営しようと、カリフォルニア大学で薬学を学ぶ。在学中に太平洋戦争が勃発、卒業後、そのままカリフォルニアの日系アメリカ人強制収容所に入れられてしまう。

戦後、収容所で出会った妻ミニーと共にホノルルに戻ったシドニーは、父母と共に店舗経営にいそしむが・・

 

1964年、仕事でフロリダ州のマイアミを訪れたシドニー・コササ夫妻は、リゾート地であるマイアミで コンビニエンスストアを見て ピンときた。

そして、帰ると カラカウア通りに 後にABCストアと呼ばれる コンビニエンスストアを作ってしまったのである。すごいね。先見の明というやつね。

 

ABCストア

 

そして、今回の旅で私達が 最寄りのABCストアとして利用したこの店舗は、どうやらシドニー・コササが カラカウア通りに最初に進出した1964年からのものらしい。場所は、クヒオビーチ前のエッグスンシングスの隣だよ。

 

なんだか、この歴史ある店舗に 引き寄せられたような ご縁を感じちゃった。だって、宿泊先のパシフィックビーチホテル下のABCストアがホテルの工事で閉店中じゃなかったら、ここを利用することはなかっただろうから。

 

エッグスンシングスの横のABCストア

 

現在は シドニー・コササの息子 ポール・コササが、社長を務めるABCストア。

デリも備えた38号店(行き損ねたぁ)も できて、益々発展するんだろうね。

100周年、おめでとうございまーす! こんぐらちゅれーしょん!

 

 

ABCストアで飲み物もゲットしたので、ホテルに戻って フル活用のハワイ到着日も ついにお終いです。

 

 

Mahalo

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

profile

search this site.

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ハワイ旅行記+ハワイ情報のブログ、始めます。
    ケイト
  • ハワイ旅行記+ハワイ情報のブログ、始めます。
    みみ

links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM